最新映画ニュース&レポート

彼岸島

石黒英雄インタビュー「役者自身が成長しないと、役も成長しない。だから、僕自身が成長して行く。」

彼岸島
松本光司による人気原作マンガを韓国のキム・テギュン監督が映画化した『彼岸島』。行方不明の兄を探すために無人島へやってきた高校生とその仲間らが、吸血鬼と化した住民が支配する島で命がけのバトルを繰り広げるサバイバル・アクション。兄や仲間のために危険を省みずに戦う主人公・明を演じた石島英雄にインタビュー。自身に似ているというキャラクターや映画について熱く語っていただきました。
(2009年12月26日)

ニュース&レポートアーカイブ

ヴィクトリア女王 世紀の愛

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』エミリー・ブラント オフィシャルインタビュー

  • 12月26日より公開される『ヴィクトリア女王 世紀の愛』は、18歳で即位し、英国を最強の国家に導いたヴィクトリア女王と、彼女を支え続けたアルバート公が、数々の波乱と困難を乗り越え愛を育む姿を描いた真実の物語。ヴィクトリア女王を演じるのは、『プラダを着た悪魔』や『サンシャイン・クリーニング』のエミリー・ブラント。先日発表された、第67回ゴールデン・グローブ賞では、本作で主演女優賞にノミネート。日本で見られる作品はまだ少ないものの、確かな演技力と存在感は、若手の実力派女優として高い評価を受けている。そんなエミリー・ブラントのオフィシャルインタビューが届きました!…続きを読む
  • 2009年12月18日
牛の鈴音

『牛の鈴音』イ・チュンニョル監督インタビュー 〜カメラを遠くに置き、人と人の間にある情緒を映し出したかった

  • 2009年1月、韓国でアート作品専門の映画館で上映され、またたく間に全国150館に拡大、累計300万人の動員を記録した『牛の鈴音』。登場人物は、腰の曲がった老夫婦と一頭の老いぼれ牛のみ。ナレーションもなければ、大きな事件もおこらない、政治的なメッセージもない、それでも口コミで広がり、「牛の鈴症候群」と呼ばれる社会現象を巻き起こしたドキュメンタリー映画『牛の鈴音』とは…? 12月19日の日本公開を前に、イ・チュンニョル監督が来日、独占インタビューに答えてくれました。…続きを読む
  • 2009年12月16日
銀色の雨

鈴井貴之監督インタビュー「ちょっとした“人生の雨宿り”。立ち止まって思いつく事があると思う」

  • 北海道発のヒット番組「水曜どうでしょう」(HTB)でカリスマ的な人気を誇る“ミスター”こと鈴井貴之監督が、浅田次郎の短編小説を映画化した『銀色の雨』が、シネマート新宿ほかにて公開中。父を知らずに育った高校生と、引退を勧告されたプロボクサー、そしてスナック勤めの天涯孤独な女が、奇妙な共同生活を通してそれぞれの傷を乗り越えていく姿を描いた感動作。監督4作目となる本作で初めて北海道を飛び出し、鳥取県米子市を舞台に、懐かしさと温もりに満ちたドラマを撮り上げた鈴井監督に、単独インタビュー!映画に込めた想いを語って頂きました!…続きを読む
  • 2009年12月7日