最新映画ニュース&レポート

サンバ

移民の物語にリアリティを与えるものとは──『サンバ』オリヴィエ・ナカシュ監督インタビュー

サンバ
全世界で驚異的な大ヒットを記録した『最強のふたり』のオリヴィエ・ナカシュ&エリック・トレダノ監督と、主演オマール・シーが再びタッグを組んだ最新作『サンバ』。本作は、ビザのうっかり失効でフランスから退去命令を受けた主人公と、彼を救おうと尽力する“燃え尽き症候群”の女性、彼らの陽気な仲間たちとの交流をユーモアたっぷりに描いたヒューマンドラマ。映画の公開を前に、プロモーションで来日したオリヴィエ・ナカシュ監督に話を伺いました。
(2014年12月24日)

ニュース&レポートアーカイブ

救いたい

「忘れてはいけない」思い新たに ──映画『救いたい』鈴木京香&三浦友和インタビュー

  • 鈴木京香と三浦友和が夫婦役として共演を果たした映画『救いたい』が、11月22日(土)より公開。震災から3年後、さまざまな記憶が交錯する東北の地を舞台にした本作は、麻酔科医の妻と被災地で地域医療に従事する夫を軸に、傷を抱えながらも明日に向かって生きる人々を描いた感動作。映画の公開を前に、主演の鈴木京香と三浦友和にインタビュー。本作に込めた思いを伺いました。…続きを読む
  • 2014年11月21日
美女と野獣

アニミズム的な視点で描かれる“王子の罪”──『美女と野獣』クリストフ・ガンズ監督インタビュー

  • 醜い野獣と、美しい娘が織り成すファンタジーの傑作「美女と野獣」。これまで小説・絵本・アニメーション・映画・ミュージカルと様々に形を変えながら愛されてきた物語が、『ジェヴォーダンの獣』『サイレントヒル』の気鋭監督クリストフ・ガンズにより実写映画化。11月1日(土)公開の『美女と野獣』では、1740年に書かれた原作小説を元に、野獣の<隠され続けてきた>過去に光を当て、切なくも悲しい物語を紐解いていく。なぜ、王子は野獣になったのか?彼はどれほどの罪を犯したのか?映画の公開を前に、クリストフ・ガンズに直撃しました。…続きを読む
  • 2014年10月28日
祝宴!シェフ

ホットな台湾を味わって欲しい──『祝宴!シェフ』チェン・ユーシュン監督インタビュー

  • 『熱帯魚』『ラブゴーゴー』など台湾映画界のヒットメーカー、チェン・ユーシュン監督が、16年ぶりにメガホンをとったコメディ映画『祝宴!シェフ』が、11月1日より公開。本作は、美食の街・台南を舞台に、”人々を幸せにする究極の料理“を巡って繰り広げられる大喜劇。個性的で愛すべき登場人物たちと、見た目も美しく食べたくなること必至の絶品料理の数々が映画を鮮やかに彩る。映画の公開を前に来日した、チェン・ユーシュン監督にお話を伺いました。…続きを読む
  • 2014年10月27日
誰よりも狙われた男

フィリップ・シーモア・ホフマン『誰よりも狙われた男』オフィシャル インタビュー(映像あり)

  • 『裏切りのサーカス』の小説家、ジョン・ル・カレの傑作ミステリーを、 『コントロール』『ラスト・ターゲット』のアントン・コービン監督が映画化したサスペンス劇『誰よりも狙われた男』が、10月17日(金)より公開。主演は、今年2月に急逝した名優フィリップ・シーモア・ホフマン。最後の主演作となった本作について語った貴重なインタビュー映像が到着した。…続きを読む
  • 2014年10月14日
愛しのゴースト

仕事にならないくらい笑い転げた撮影現場──タイNo.1ヒット『愛しのゴースト』監督インタビュー

  • タイで『アナと雪の女王』『アバター』を抑え、歴代興行収入No.1のメガヒットを記録した映画『愛しのゴースト』。本作は、タイに伝わる怪談話に大胆なアレンジを施し、1組の夫婦とその4人の親友の、“ゴースト”をめぐる大騒動をアトラクション感覚満載で描いたホラー&コメディ&ラブロマンス。映画の公開を前に来日した、パンジョン・ピサンタナクーン監督に直撃インタビュー。完成までの経緯と撮影現場を振り返っていただきました。…続きを読む
  • 2014年10月9日
レッド・ファミリー

人は何らかのかたちで体制の犠牲になっている──『レッド・ファミリー』イ・ジュヒョン監督インタビュー

  • 韓国で“理想の家族”として暮らしながら諜報活動をする北朝鮮のスパイチームが、理念と現実の間で葛藤する姿と、ある大失態から“隣の家族の暗殺”を指令され苦悩し奔走する様を描いた映画『レッド・ファミリー』。本作は、韓国の鬼才キム・ギドクがエグゼクティブ・プロデューサー・脚本・編集を務め、第26回東京国際映画祭で観客賞を受賞した異色の感動作。南北統一の思いを込めて描いた脚本でメガホンを託されたのは、キム・ギドクの秘蔵っ子イ・ジュヒョン監督。映画の公開を前に、イ・ジュヒョン監督にお話を伺いました。…続きを読む
  • 2014年9月30日
悪童日記

戦時下で自分たちのモラルを作っていく少年たち──『悪童日記』ヤーノシュ・サース監督インタビュー

  • ハンガリー出身の亡命作家アゴタ・クリストフの傑作ベストセラーを映画化した『悪童日記』(10/3公開)。第二次世界大戦下で、祖母のもとへ疎開してきた双子の少年が、過酷な生活のなかで肉体と精神を鍛え、実体験を頼りに独自の世界観を獲得し、彼らのルールで生き抜いていく。衝撃的な内容から、映像化不可能とされてきた本作が、出版から約30年を経て、地元ハンガリーのヤーノシュ・サース監督が映像化。映画の公開を前に、プロモーションで来日した監督に直撃。映画化への想いを伺いました。…続きを読む
  • 2014年9月29日
マザー

『マザー』楳図かずお監督インタビュー:自分自身のドキュメンタリーの中に嘘の世界を展開する、新しい試み

  • 日本を代表する漫画家・楳図かずおが、77歳にして映画監督デビューを果たした『マザー』。脚本も手掛けて挑むその内容は、自らの母親をテーマにした自叙伝的なホラー・ストーリー。片岡愛之助演じる漫画家・楳図かずおの生い立ちを調査する担当編集者が、母・イチエの謎に迫るとき、母の怨念が恐怖を巻き起こしていく。映画の公開を前に、楳図監督を直撃。初の映画に挑んだ心境と、お話作りへのこだわりを伺いました。…続きを読む
  • 2014年9月25日
アンナプルナ南壁 7,400mの男たち

映画『アンナプルナ南壁』本編特別映像&デニス・ウルブコ、ドン・ボウイ インタビュー

  • 9月27日(土)より公開される山岳ドキュメンタリー映画『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』。本作の見どころ映像と、実際に山岳救助に携わった登山家デニス・ウルブコ氏とドン・ボウイ氏のインタビューが到着した。…続きを読む
  • 2014年9月24日