最新映画ニュース&レポート

完全なるチェックメイト

映画『完全なるチェックメイト』エドワード・ズウィック監督 オフィシャルインタビュー

完全なるチェックメイト
トビー・マグワイア主演、伝説の天才チェスプレイヤー ボビー・フィッシャーが挑む<世紀のチェスマッチ>を描いた映画『完全なるチェックメイト』が、12月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開。米ソ冷戦時代を舞台に、ボビー・フィッシャーがチェス最強国ロシアの絶対王者に挑んだ、国家の威信をかけた一戦で生まれた<神の一手>の真実。監督は『ラスト サムライ』や『ブラッド・ダイヤモンド』で知られる名匠エドワード・ズウィック。映画の公開を前に、ズウィック監督のオフィシャルインタビューが到着しました。
(2015年12月22日)

ニュース&レポートアーカイブ

独裁者と小さな孫

暴力はさらなる悲劇を生むだけ──『独裁者と小さな孫』モフセン・マフマルバフ監督インタビュー

  • 『カンダハール』『パンと植木鉢』『ギャベ』など数々の傑作を生み出してきたモフセン・マフマルバフ監督の最新作『独裁者と小さな孫』(公開中)。独裁政権に支配された架空の国を舞台に、クーデターにより地位を追われた冷酷な独裁者と幼い孫の逃亡劇を描いた本作は、自国イランを離れ亡命生活を続ける監督が、平和への渾身の願いを込めて描いた感動傑作。二人の逃避行の果てに待ち受ける運命とは──。マフマルバフ監督に本作のテーマとその想いを伺いました。…続きを読む
  • 2015年12月15日
愛を語れば変態ですか

主人公は清濁併せ持つ“如来様”──黒川芽以&福原充則監督『愛を語れば変態ですか』インタビュー

  • 劇団ピチチ5(クインテット)を主宰し、話題の舞台を多数手掛ける演出家・福原充則の初監督作品『愛を語れば変態ですか』。本作は、一見どこにでもいそうな男女が繰り広げる、ありそうでありえない爆走恋愛コメディ。おとなしい平凡な主婦と思いきや、その裏で次々と男を惑わす主人公・あさこを好演するのは、『きみはいい子』など話題作への出演が続く若手演技派、黒川芽以。“どんな男も拒まない!愛の救世主”像は如何にして生まれたのか?福原充則監督と、主演の黒川芽以を直撃しました。…続きを読む
  • 2015年12月4日
FOUJITA

観客の想像力でフジタが立体化する── オダギリジョー&中谷美紀『FOUJITA』インタビュー

  • 『死の棘』で第43回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ&国際批評家連盟賞をダブル受賞、『泥の河』など海外でも評価の高い小栗康平監督の最新作『FOUJITA』が、11月14日(土)より公開。本作は、1920年代のフランスで、“乳白色の肌”と称された裸婦像でエコール・ド・パリの寵児となり、第二次大世界大戦中の日本では「アッツ島玉砕」をはじめとして数多くの“戦争画”を描いた日本人画家・藤田嗣治の半生を描いたドラマ。1920年代と1940年代のフジタを演じ分けた主演のオダギリジョーと、その妻・君代役を演じた中谷美紀にインタビュー。小栗監督作品で感じた映画の魅力を伺いました。…続きを読む
  • 2015年11月16日
ローマに消えた男

トニ・セルヴィッロ『ローマに消えた男』オフィシャル・インタビュー

  • イタリアのダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で2冠に輝いた映画『ローマに消えた男』が、11月14日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。本作は、忽然と姿を消した男と、その替え玉として政治家となった双子の兄弟と、一人の女性の運命を描くミステリーヒューマンドラマ。主演は、『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』『ゴモラ』といった近年のイタリアを代表する傑作に相次いで主演し、アカデミー外国語映画賞受賞作『グレート・ビューティー/追憶のローマ』で円熟のダンディズムも披露したトニ・セルヴィッロ。映画の公開を前にトニ・セルヴィッロのオフィシャル・インタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2015年11月11日
1001グラム ハカリしれない愛のこと

映画『1001グラム ハカリしれない愛のこと』ベント・ハーメル監督オフィシャルインタビュー

  • 『ホルテンさんのはじめての冒険』『キッチン・ストーリー』で愛すべきオジサン主人公たちを生み出したノルウェーの名匠ベント・ハーメルの最新作『1001グラム ハカリしれない愛のこと』が、10月31日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。本作は、冷静で感情を表に出すことのない主人公マリエが、1キログラムの不思議なオモリとの旅を通して、人生の新たな心のハカリを見つける心温まる物語。ベント・ハーメル監督が初めて美しい若い女性を主人公に、舞台を北欧からパリに広げて描く。現在、第28回東京国際映画祭の審査員として来日中のベント監督のオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2015年10月29日
アクトレス ~女たちの舞台~

『アクトレス ~女たちの舞台~』オリヴィエ・アサイヤス監督オフィシャルインタビュー

  • ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツら豪華女優共演陣が共演する映画『アクトレス ~女たちの舞台~』が、10月24日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか順次公開。本作は、きらびやかな世界に生きる大女優の葛藤と孤独を、スイスの大自然を切り取った美しい映像と、シャネルの特別協力による華やかな衣装、ジュエリー、メークアップ、そして壮大なクラシック音楽とともに優雅に描き出した極上のドラマ。フランスのセザール賞では、クリステン・スチュワートが米国人女優として初の助演女優賞を受賞した。映画の公開を前に、メガホンをとったオリヴィエ・アサイヤス監督のオフィシャルインタビューが到着した。…続きを読む
  • 2015年10月21日
ヴェルサイユの宮廷庭師

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』アラン・リックマン オフィシャルインタビュー

  • ケイト・ウィンスレット主演、17世紀フランス・ヴェルサイユ宮殿を舞台に、実在の庭園建築家と、その建設を任されたひとりの女性庭師が起こす愛と奇跡を描いた『ヴェルサイユの宮廷庭師』が、10月10日(土)より公開。本作のメガホンをとったのは、『ウィンターズ・ゲスト』に続き監督2作目となる、英国を代表する名優アラン・リックマン。共同脚本も担当し、劇中ではフランス国王ルイ14世を演じる。映画の公開を前に、アラン・リックマン監督のオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2015年10月9日
ヴェルサイユの宮廷庭師

映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』ケイト・ウィンスレット オフィシャルインタビュー

  • 17世紀フランス・ヴェルサイユ宮殿を舞台に、実在の庭園建築家と、その建設を任されたひとりの女性庭師が起こす愛と奇跡を描いた『ヴェルサイユの宮廷庭師』が、10月10日(土)より公開。主人公の女性庭師サビーヌ・ド・バラを演じるのは『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット。勇気と情熱によって周囲の人々の心を溶かし、身分を超えて信頼を勝ち取っていく、現代女性が大いに共感できるサビーヌという役どころを演じている。本作の公開を前に、ケイト・ウィンスレットのオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2015年10月7日
アメリカン・ドリーマー 理想の代償

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』J・C・チャンダー監督 オフィシャルインタビュー

  • 『スターウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザックと、『ゼロ・ダーク・サーティ』ジェシカ・チャステイン共演の映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』。本作は、1981年のまだ危険な香りが残っていたNYのビジネスの現場で、経営者が強いられる壮絶な危機を圧倒的クオリティと息もつかせぬ緊迫感で描き、本年度映画賞を席巻した社会派ヒューマンドラマ。監督は、『マージン・コール』で初監督ながらアカデミー賞ノミネート、『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』の2作品でハリウッドの次世代を担う旗手と称えられるに至ったJ・C・チャンダー監督。10月1日(木)の公開を前に、オフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2015年9月24日