最新映画ニュース&レポート

破門 ふたりのヤクビョーガミ

架空じゃない!? 映画業界あるある話も ── 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』小林聖太郎監督インタビュー

破門 ふたりのヤクビョーガミ
すぐにキレるイケイケやくざと、口だけは達者なぐーたら貧乏の建設コンサルタントが活躍する、黒川博行の小説≪疫病神≫シリーズ。2014年に直木賞を受賞したシリーズ5作目「破門」を、『毎日かあさん』『マエストロ』の小林聖太郎監督が映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』が、1月28日(土)より公開。主人公の凹凸コンビを佐々木蔵之介と横山裕が演じるほか、共演に北川景子、橋爪功、國村隼ら関西出身の俳優が結集し、怒涛のアクションと関西弁の掛け合いで、映画製作をめぐる巨額の資金の行方を追う。映画の公開を前に、小林聖太郎監督にお話を伺いました。
(2017年1月30日)

ニュース&レポートアーカイブ

ショコラ ~君がいて、僕がいる~

映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』ロシュディ・ゼム監督 オフィシャルインタビュー

  • 奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。万人を魅了した伝説の芸人コンビの人生を、オマール・シーと、チャールズ・チャップリンの実孫ジェームス・ティエレ共演で描いた感動実話『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』が、1月21日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。本作のメガホンをとったロシュディ・ゼム監督のオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2017年1月19日
太陽の下で 真実の北朝鮮

映画『太陽の下で 真実の北朝鮮』ヴィタリー・マンスキー オフィシャルインタビュー

  • 朝鮮政府が演出した“庶民の日常生活”。その裏側を、ロシアの撮影スタッフが危険を冒して暴き、政府の強力な圧力と非難を押しのけ世界各国で上映され高く評価された話題作『太陽の下で-真実の北朝鮮-』が、1月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。本作のメガホンを取ったヴィタリー・マンスキー監督のオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2017年1月19日
天使にショパンの歌声を

映画『天使にショパンの歌声を』レア・プール監督 オフィシャルインタビュー

  • 『天国の青い蝶』『翼をください』のレア・プール監督最新作『天使にショパンの歌声を』が、1月14日(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他 全国ロードショー。本作は、1960年代カナダ・ケベックの近代化を社会背景に、音楽の力で閉鎖の危機に追い込まれた学校を守ろうと奮闘する教師と生徒たちを瑞々しく描いた感動作。映画の公開を前に、レア・プール監督オフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2017年1月12日
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』ラース・クラウメ監督インタビュー

  • 戦時中に数百万ものユダヤ人を強制収容所に送り、ホロコーストの中心的役割を担ったアドルフ・アイヒマン。戦後、多くの重要戦犯が海外へ逃亡し、ナチス・ハンターによる追跡作戦が繰り広げられるなか、1960年にアルゼンチンで拘束された。映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』は、アイヒマン捕獲を実現へと導いた陰のヒーローというべきひとりのドイツ人検事長フリッツ・バウアーにスポットを当てた実録ドラマ。彼はいかにして消息不明のアイヒマンを発見し追い詰めていったのか、長らく封印されていた極秘作戦の裏側をサスペンスフルに描き、ドイツ映画賞では作品賞、監督賞、脚本賞など最多6冠に輝いた。本作のメガホンをとったラース・クラウメ監督にお話を伺いました。…続きを読む
  • 2017年1月10日