最新映画ニュース&レポート

ブレス しあわせの呼吸

映画『ブレス しあわせの呼吸』アンディ・サーキス監督 オフィシャル・インタビュー

ブレス しあわせの呼吸
1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、その息子で『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自らプロデュースし映画化した『ブレス しあわせの呼吸』が公開中。本作で念願の長編監督デビューを果たしたモーションキャプチャーの名優アンディ・サーキスのオフィシャルインタビューが到着しました。
(2018年9月12日)

ニュース&レポートアーカイブ

1987、ある闘いの真実

それぞれが最低限の良心を守り抜いた時、歴史が変わる──『1987、ある闘いの真実』チャン・ジュナン監督インタビュー

  • 1987年、軍事政権下の韓国で、国民が国を相手に闘った民主化闘争を描いた衝撃の実話『1987、ある闘いの真実』が、9月8日(土)より公開。キャストには、『哀しき獣』以来7年ぶりの共演となるキム・ユンソクとハ・ジョンウをはじめ、学生デモに立ち上がる大学生をカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家にソル・ギョング、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、『お嬢さん』で注目されたキム・テリなど、ベテランと若手の演技派俳優が集結し、一人の学生の死の真相を巡り、警察、検察、新聞記者らがそれぞれの思惑や信念の元に闘う姿をスリリングに描ききる。監督は『ファイ 悪魔に育てられた少年』で狂気の境界線にいる登場人物たちを描き出したチャン・ジュナン。映画の公開を前に、チャン・ジュナン監督にお話を伺いました。…続きを読む
  • 2018年9月7日
ブレス しあわせの呼吸

アンドリュー・ガーフィールド 映画『ブレス しあわせの呼吸』オフィシャル・インタビュー

  • 1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、その息子で『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作『ブレス しあわせの呼吸』(9/8公開)より、主人公ロビンを演じたアンドリュー・ガーフィールドのオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2018年9月6日