最新映画ニュース&レポート

12か月の未来図

リアルな教育現場を描くため2年間学校に通った ── 『12か月の未来図』オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督インタビュー

12か月の未来図
パリ郊外。移民、貧困、学力低下―など、フランスを悩ます社会問題を背景に、エリート教師と問題だらけの生徒の交流と成長をユーモアたっぷりに描いた感動作『12か月の未来図』が、4月6日(土)より岩波ホールほか全国公開。監督は、今作が長編監督デビュー作となるオリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル。よりリアルな教育現場を描くため、学校に2年間通い本作を完成させたという監督に、自身の経験や教育現場の問題点を伺いました。
(2019年4月5日)

ニュース&レポートアーカイブ

希望の灯り

小さな幸福を夢見ている社会の片隅の人々の物語『希望の灯り』トーマス・ステューバー監督インタビュー

  • 旧東ドイツ・ライプツィヒ近郊の巨大スーパーマーケットを舞台にした映画『希望の灯り』が、4月5日(金)よりBunkamuraル・シネマほかにて全国公開。本作は、ライプツィヒ生まれのトーマス・ステューバー監督が、クレメンス・マイヤーの短編小説「通路にて」(「夜と灯りと」に収録)を映画化した人間ドラマ。社会の片隅で助けあう人々の日常、そして淡い恋を静かに描き出す。映画の公開を前に来日したトーマス・ステューバー監督にお話しを伺いました。…続きを読む
  • 2019年4月4日
ちいさな独裁者

誰もが何らかの理由で許してしまった末に起きた事 ──『ちいさな独裁者』ロベルト・シュヴェンケ監督インタビュー

  • 映画『RED/レッド』や『きみがぼくを見つけた日』で知られるロベルト・シュヴェンケ監督の最新作『ちいさな独裁者』が、2月8日(金)より公開。本作は、第二次世界大戦末期、敗色濃厚なドイツを舞台に、偶然にナチス将校の威光を手に入れた若者が、言葉巧みな嘘によって“親衛隊”を率い、やがておそましい大量殺人へと暴走した、衝撃の実話をもとにしたサスペンス映画。独裁者はいかにして作られていくのか?映画の公開を前に来日したロベルト・シュヴェンケ監督に直撃しました。…続きを読む
  • 2019年2月8日
バハールの涙

映画『バハールの涙』エヴァ・ウッソン監督 オフィシャルインタビュー

  • 捕虜となった息子を助け出す為、銃を取って立ち上がったクルド人女性と、片眼の戦場ジャーナリストの“真実”の物語『バハールの涙』が、1月19日(土)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー。本作のメガホンをとったエヴァ・ウッソン監督のオフィシャルインタビューが到着した。…続きを読む
  • 2019年1月17日
ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~

『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』ケヴィン・マクドナルド監督 オフィシャルインタビュー

  • アメリカ・ポップシーン史上最高の歌姫ホイットニー・ヒューストンの知られざる素顔に迫るドキュメンタリー『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』が、2019年1月4日(金)より全国公開。本作のメガホンを取ったアカデミー受賞監督のケヴィン・マクドナルドのインタビューがしました。…続きを読む
  • 2019年1月4日