最新映画ニュース&レポート

僕たちは希望という名の列車に乗った

原作者が語る「若者がもつ力、強さ、美しさ」に胸打たれた ── 『僕たちは希望という名の列車に乗った』ラース・クラウメ監督インタビュー

僕たちは希望という名の列車に乗った
歴史の暗部に切り込んだ衝撃作『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』のラース・クラウメ監督最新作『僕たちは希望という名の列車に乗った』が、5月17日(金)より公開。1956年、東西冷戦下の東ドイツ、高校生たちが行ったわずか2分間の黙祷が国家機関の目に留まり、政治的な弾圧へと発展していった驚愕の実話を映画化。無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった若者たちが、仲間との友情や恋を育みながら、あるときはまっすぐに主張をぶつけ合い、人間として正しきこととは何かをひたむきに模索していく姿を描く。映画の公開を前に、ラース・クラウメ監督にお話しを伺いました。
(2019年5月16日)

ニュース&レポートアーカイブ

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

レイフ・ファインズ監督『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オフィシャルインタビュー

  • 俳優としても評価の高いレイフ・ファインズ監督が構想20年を経て、満を持して発表する最新作『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』が、5月10日(金)より公開。世界三大バレエ団で活躍し、バレエ史に燦然と輝く伝説のダンサー ルドルフ・ヌレエフの若き日からパリでの亡命にいたるまでを描いたドラマ。本作のメガホンを取ったレイフ・ファインズ監督のインタビューが到着しました。 …続きを読む
  • 2019年5月10日
初恋~お父さん、チビがいなくなりました

ちゃんと言葉で伝えるのが大事 ── 『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』小林聖太郎監督インタビュー

  • 長年連れ添った夫婦の秘めた想いと愛を描き「泣ける!」「こんな夫婦になれたら」と話題を呼んだ西炯子の人気漫画を映画化した『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』が、5月10日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。本作で描かれるのは、50年一緒に過ごしてきて、初めてお互いの気持ちに向き合う2人に起こる、猫がくれた優しい奇跡。亭主関白な夫に心から尽くしながら、自分は本当に夫から愛されているのだろうかという寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じるのは倍賞千恵子。そんな妻に対しては無口でぶっきらぼう、離婚を突き付けられずっと心に秘めていたある想いを告白する夫・勝を演じるのは藤竜也。映画の公開を前に、メガホンをとった小林聖太郎監督にお話を伺いました。…続きを読む
  • 2019年5月9日