ニュース&レポート

僕が一生懸命向き合える場所は「音楽」だと再確認できた〜『アブラクサスの祭』スネオヘアー インタビュー

アブラクサスの祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
現役住職で芥川賞受賞作家・玄侑宗久原作をもとに、音楽に向き合うことで懸命に生き抜こうとする僧侶と、彼を支えながらも不思議と彼に癒されていく周囲の人々を描いた人間ドラマ『アブラクサスの祭』。本作で、純粋ゆえに悩み深き主人公・浄念を演じ、映画の初主演という大役を見事に果たしたスネオヘアーにお話を伺いました。
画像:僕が一生懸命向き合える場所は「音楽」だと再確認できた〜『アブラクサスの祭』スネオヘアー インタビュー
──初主演おめでとうございます。どんないきさつで主演を務めることになったのですか?
スネオヘアー:プロデューサーの松田広子さんとは以前、映画のサントラ(『恋するマドリ』)を手がけた時に面識があったんですが、そのつながりでお話を頂きました。主人公には、実際に音楽をやっている人を探していたみたいです。
──お話がきていかがでしたか?
スネオヘアー:ずばり驚きましたね。基本的に、役者じゃないので、僕が主演というのはありえない話ですから(笑)。凄いお話でありがたかったんですけど、反面、そこまで背負っていけないなと思っていました。でも、音楽をやる前に少しだけ舞台をやっていた時期があったんです。ほんの数年間だったんですけど、そういう時の思いからすると、これを断ったら本当に後悔するだろうなと思いました。でもやっぱり凄い話だと思います(笑)。
画像:『アブラクサスの祭』 画像:『アブラクサスの祭』 画像:『アブラクサスの祭』 画像:『アブラクサスの祭』
──その初主演で演じたのはお坊さんですね。お坊さんの生活や所作もあまり身近ではないし、鬱などの病気も抱えている役どころです。役作りはいかがでしたか?
スネオヘアー:主人公の浄念さんは、非常に色んな問題を抱えているお坊さんで、本人の中の揺れ動く要素というか、陰の部分と葛藤している、そういうものに惹かれていました。でもやっぱりテクニックとしての演技は自分にはできないので、体当たりというか…、浄念さんが周りの人に支えられながら生きていったように、僕も支えられながらやるしかないという開き直りというか(笑)。

お坊さんという職業だけとったら、素人としては入りやすかったんです。頭を坊主にして合掌するという、コスプレ的な感覚で(笑)。演技をどうこうと考える以前に、撮影に入る前に剃髪式をやってもらったので、「これから撮影が始まるんだ」って引き締まったし、おかげで、お坊さんという役に対して入りやすくなりましたね。
──原作でも、今主人公がどんな心理状態なのか直接的な表現はしていませんが、映画の中では、それが目線や表情などに現れていて、とても伝わってきました。
スネオヘアー:感情の起伏は目線などで表現するというのはありましたが、それは演出部の力100%です(笑)。最初に原作を読んだときは、まず難しいという印象だったんですが、映画のラフな台本があがってきたことで、立体的に見えてきたというのはありましたね。
──ともさかりえさんとは夫婦役でしたが、子役の子も含めてとても楽しそうでした。
スネオヘアー:役者さんとの掛け合いになるので、基本的に申し訳なくて、常に「大丈夫ですか?僕?」みたいな感じでした。一緒に演技をして、台詞の掛け合いになると言葉が生きてくるので、役者さんってすごいなと思いました。

子供とのシーンでは、自分にも子供がいるので、父親ってこういう感じだよな…って思いながら演じてました。現場でも特に拓くん(子役)をかわいがるってわけでもなく普通に接していました。ただ、拓くんは素人なのに(演技が)よく出来ちゃうので、常にプレッシャーを与えられていましたね。「頼むよ〜」って思ってました(笑)。
──福島で撮影していますが、古い町並みも素敵でしたね。撮影中はどんな様子でしたか?
スネオヘアー:映画の中のお寺と町は、実際には離れた所にあるんですけど、町のシーンは福島の町の商店街で撮影していました。日々、地元の方がボランティアでやってきて、ご飯の炊き出しとかしてました。突然、撮影隊が町へやってきて、撮影して去っていくというのと違って、撮影隊と地元の方々が一緒になって作ったという感じでしたね。
──そういった撮影も含めて、ミュージシャンとしてはあまり経験しないことですね。音楽の現場から映画へ足を踏み入れて、何か感じたことはありますか?
スネオヘアー:決定的に違うのは、自分のYES NOの線引きでは出来ないということですね。マイナスな意味じゃなくて。フットワークの違いというか、音楽って自分の内側のものを出していく作業なので、映画で役柄を演じるということは決定的に違いますね。

あとは人数ですね。大所帯で一ヵ月弱、一つの作品に向き合っているのは凄いと思います。その渦の中に、まさに俳優として加わったことは嬉しかったですね。待ち時間も長かったので、ボケーっと周りの仕事を見ていたりすると、音声や照明、小道具とか、それぞれがプロの仕業なので、見ていて心地よかった。映画は凄いなと思いましたね。

でも、終わってみるとやはり音楽のほうがいい(笑)。自分で自分を表現するのに、(舞台より)音楽のほうがよかったから音楽をやってるので。僕が一生懸命向き合える場所はやはり音楽だなと、逆に再確認しました。
──これからまた役者として演じたいという希望は?
スネオヘアー:いや、もう…今回は本当によくやらせてもらえたなという感じなので、次にお話があるのか?っていう問題ですが、基本的に考えてない…いや、出来ないですから(笑)。本当に、今回は周りに支えられました。
──最後に、メッセージをお願いします。
スネオヘアー:答えが明確ではない映画だとは思うんですけど、不器用にしか生きられない浄念の生き方と、彼を支える人たちとの繋がり、そういう姿や感情の動きを見て頂いて、普段、それぞれ暮らしている思いの中で、何か心に引っかかってくれる部分があったらいいなと思います。
■INFORMATION
『スネオヘアー・ファーストツアー』
2011年2月4日(金):新潟・Live Hall GOLDEN PIGS
2011年2月6日(日):東京・LIQUIDROOM
2011年2月17日(木):大阪・シャングリラ
詳しくはこちら→http://www.starchild.co.jp/artist/suneohair/
2010年12月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アブラクサスの祭』
2010年12月25日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー 福島県10月9日より先行公開
公式サイト:http://www.aburakusasu.com