ニュース&レポート

『エアベンダー』M.ナイト・シャマラン監督 オフィシャルインタビュー

エアベンダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『シックス・センス』『サイン』のM.ナイト・シャマラン監督最新作『エアベンダー』が、7月17日より公開。アメリカで人気の原作アニメをもとに、「気・水・土・火」の4つのエレメントを操る選ばれし者・アンが、世界に調和をもたらすべく壮絶な宿命に立ち向かう姿を描いたアクション・ファンタジー。今回、初めて原作ものに挑戦したシャマラン監督の、オフィシャルインタビューが届きました。
画像:「エアベンダー」M.ナイト・シャマラン監督インタビュー
──初めて他者の原作を監督していますね?
画像:『エアベンダー』画像:『エアベンダー』画像:『エアベンダー』画像:『エアベンダー』画像:『エアベンダー』
監督:僕が今まで撮った作品はすべてオリジナル脚本で僕自身がアイデアを考え書いたものだ。今回は初めて他人の原作を映画にした。それでもストーリーをより面白くするため脚本自体は今回も僕が書いているけどね。自分らしい脚色ができる作品を探していたんだ。ワクワクする素材でありながら同時に自分の味も出せる。この原作はまさにそういうものだった。
──今回のストーリー設定は?
監督:この世界には4つの国がありそれぞれが1つのエレメントを操る。火 水 土 気だ。この4つの国は平和に暮らしていた。全てのエレメントを操るアバターという存在がいて彼によって均衡が保たれていたんだ。しかしこの物語ではアバターは消えていてさらに火の国が反乱を起こし他の国を侵略する再び現れたアバターはわずか12歳だった。世界は大混乱におちいり1つの国が滅んでしまう。これは世界を救う運命を背負うアバターを描いた物語だ。
──アンを演じたノア・リンガーの印象は?
監督:ノアの武術センスはすばらしかった。原作のアンそっくりだったよ
──ベンダーの能力とは?
監督:各エレメントを操れる人間のことをベンダーと呼ぶ。たとえば水の国でいうと全国民ではないけど10人に1人の割合で水を操る能力を持つベンダーがいるんだ。能力の種類やレベルには個人差があるんだけどね。観客も観終わったあと自分がどのエレメントかどういう能力を使えるか想像すると楽しいだろうね。
──グリーンランドで撮影したそうですが?
監督:撮影はグリーンランドで始めた。フィラデルフィア以外で撮影をしたのはそのときが初めてだったよ。楽しみだったけど不安も感じてたね。気温はマイナス40度だし危険もあるし2週間近く吹雪に見舞われることもあるしね。
──童心に帰れる作品とのことですが?
監督:この映画を観て魔法を信じる子供の心を取り戻してくれたらいい。それが僕らの願いだよ。
2010年7月15日
『エアベンダー』
2010年7月17日(土) 丸の内ルーブル他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.airbender.jp/