ニュース&レポート

Blu-ray&DVD発売『バイロケーション』安里麻里監督インタビュー

バイロケーション

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
先日スタートした火曜ドラマ「東京スカーレット~警視庁NS係」(TBS)の水川あさみが主演したサスペンス・ホラー『バイロケーション』が、7月16日(水)、ファン待望のBlu-ray&DVDで発売! 世界中で実在報告があるという怪奇現象“バイロケーション”をモチーフに、自分とまったく同様の姿、形、個性を有する“バイロケ”が、自分の人生に侵食してゆく恐怖を描いた衝撃作! 安里麻里監督に、若手キャストの助演について聞いてみた!
Blu-ray&DVD発売『バイロケーション』安里麻里監督インタビュー
──『バイロケーション』には若手キャストが出演していますよね。御手洗巧役の千賀健永(Kis-My-Ft2)さん、加賀美榮役の高田翔(ジャニーズJr.)さんの大奮闘も光っています!
監督:ジャニーズのかたは、本当にすごいと思いました。千賀君も(映画が)初めてとは思えないくらい芝居力があって、「なんでこんなにできちゃうんだろう(笑)」みたいな。キャラクター的にも、とても一生懸命な男の子で、それが役柄に合っていて。そういう人だと思ってキャスティングしましたが、巻き込まれキャラっていう(笑)。頑張って、頑張ったんだけれど、人殺しちゃった……みたいな。かわいそうな目に遭って(笑)。でも、最後は「敵を倒す!」じゃないですけれどね。座っているだけでもいい子な感じが出ているところが適役だったし、お芝居に望む姿勢がすごく紳士でよかったですね。
──また、千賀君には、人を殺すシーンとかアクション系のシーンがいっぱいありましたね。
監督:殺すシーンは――あの時は体力的にも時間的にも一番きつい時だったと思いますが、すごく集中してくれて……。「本当にありがとうございます(笑)」って思いました。
──現場ではどういうお話を?
監督:「御手洗がいい子だって思うような、観客が感情移入してしまう人にしたい」って伝えて、そこで一生懸命感をどう出すか、セリフの言い方も一生懸命しゃべっている風にしたりして。そういう演出をしていたので、高田君の演技を受けて「違う、こういう風にしたい」とか、そういうお芝居の話し合いっていうのはありましたね。
──飲み込みが早い!
監督:そうですね。対応力がすごかったですね。後はアイドルなので身体能力がとにかく高くて、ワイヤーで吊って、走って転倒(笑)。普通、これほどまでは無理ですね(笑)。殺陣師のかたにやってもらって、「はい、じゃあモノマネしてください」で、やるわけじゃないですか。そしたらすぐできてしまうというか。ダンスをやっている体の動かしかたとか、何かやってピタッと止まるとか、そういうことが小さい頃から鍛えられているからなのか、普通の人とはやっぱり違いましたね。
──ちなみに、お二人のことご存知で?
監督:はい、知っていました。二人が出ている作品を観て、「このキャラクターには千賀くんがいい」とか、高田君は高田君で違う雰囲気を持った子で、謎めいた役柄にピッタリだと思いました。
──最後になりますが、この映画が完成した時、完成作を改めて観て感想はいかがでしたか?
監督:この作品はすごく達成感があって、想いが強すぎるくらい強かったんですね。だから、終わってスタッフロールが流れている最中、もう全員に「ありがとう、ありがとう」って思いましたね。その後、全員と話をしたので、本当に感動しましたね。完成試写をやって水川さんどうだろうなあと不安に思いながら観ていましたが、終わって出てきてギュってしてくれて。よかった、よかったと。
『バイロケーション』
2014年7月16日(水) Blu-ray&DVD リリース!
ブルーレイ最恐・エディション(スペシャル・ビジュアルブック付)¥6,200(本体)+税
DVD最恐・エディション(スペシャル・ビジュアルブック付) ¥5,200(本体)+税
DVDスタンダード・エディション(1枚組) ¥3,800(本体)+税

発売元:KADOKAWA 角川書店
販売元:ポニーキャニオン
※レンタル版7月2日(水)リリース!
※「バイロケーション」<表>のみ収録
(C) 2014「バイロケーション」製作委員会
2014年7月17日
『バイロケーション』
2014年7月16日(水) Blu-ray&DVD リリース!