ニュース&レポート

画太郎イズムを保ちつつ誰もが楽しめるエンターテイメント作へ ──『珍遊記』山口雄大監督インタビュー

珍遊記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を映画化した『珍遊記』が、2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショー!この荒唐無稽なギャグ漫画の実写化に果敢に挑んだのは、過去に同じく漫☆画太郎作品「地獄甲子園」「ババアゾーン」の映画化を手掛けた山口雄大監督。今作では主演に松山ケンイチ、共演に倉科カナや溝端淳平ら豪華で個性豊かなキャストが参加し、お下劣なギャグからど派手なアクションシーンまで完全に振り切った演技を披露する。原作の独特の世界観を、まさかのエンターテイメント作品に昇華させた山口監督を直撃しました。
画太郎イズムを保ちつつ誰もが楽しめるエンターテイメント作へ ──『珍遊記』山口雄大監督インタビュー
──これまで漫☆画太郎原作の「地獄甲子園」「ババアゾーン」を映画化されているので、「珍遊記」が映画化されるなら、山口監督だろうと思っていました(笑)。
監督:勢いで「やろう!」って話になったことはあったんですけど、僕自身は、「珍遊記」には手を付けたくないと思ってました。「地獄甲子園」や「ババアゾーン」は、ちゃんと等身大の人間が出ていたんですけど、「珍遊記」って舞台も中国風だし、主人公は三頭身。あれをそのままビジュアル化するとなると、子供でしかありえない。でも僕は個人的に、子供が主人公で1時間半笑える映画は作れないと思っていて、原作のまんまでビジュアル化は難しいと思っていました。

今回、3年ぐらい前にDLEの紙谷プロデューサーから話をいただいて、難しいなとは思いつつ、誰かが作った『珍遊記』を観るのは嫌だなと思って、開発だけは参加しようと思いました。ただ、こういうトリッキーな企画って途中で潰れるパターンが多いんですよね。原作は、酒場で闘って投げやりに終わっちゃうので、これをどうやって映画にするのか、予算も潤沢にない中で何が出来るか、ひとりであぁでもないこうでもないって1年ぐらい過ごして、解決策が見つからないうちにゴーサインが出て、やばい!本腰入れてやらなきゃ…って(笑)。
──解決策が見つからないままゴーサインが出るものなんですね(笑)。脚本をご自身で担当せず、鬼ヶ島のおおかわらさんと松原秀さんにお願いしたのは?
監督:もともと自分で脚本を描くのはあんまり好きじゃないんです。というのは、特にギャグものの脚本を自分で描くと、自分の頭の中で解決しちゃって、人にはわからないものが出来てしまう。あと、僕自身が芸人さんへのリスペクトが大きいのもありますね。彼らは自分たちが書いたネタを自分たちで演じて笑いを生み出しているじゃないですか。そういう才能がある人たちを映画界へ引き入れたいと常々思っていました。

松原秀とは何年か前にあるコメディ映画で一緒になって、その企画自体は成立しなかったんですけど、彼とは仲良くなって一緒に飲んだりしていたんです。「珍遊記」のゴーサインが出たタイミングで、彼から鬼ヶ島の単独ライブに誘われて、行ってみたんです。10個ぐらいあるコントのネタの中で強烈にウケてないネタがあって、僕だけ異常にウケてたんですけど、この感覚の人いいなと思って(笑)。おおかわらくんが書いたというので、その時に「珍遊記」の話をしたんです。ただ、彼は自分のコントしか書いたことがないから、長編作品の書き方や構成の仕方もわからないので、そこは僕と松原でやることにしました。初稿が出来るまでは不安だったけど、出来てからは絶大な信頼をおけましたね。
『珍遊記』 『珍遊記』 『珍遊記』
──とはいえストーリーのない原作を、どうやって一つの物語にしていったのですか?
監督:普通は、物語を作るときに主人公を動かすんですけど、山田太郎って目の前で起きた出来事でテンション上がって大暴れしたり、「退屈だーっ」って言ってるだけのキャラクターなので、動かしようがないんです。例えば、彼が誰かの復讐のために頑張るとか目的意識をもたせると、もはや山田太郎ではなくなってしまう。画太郎さんの漫画をやる意味がなくなってしまうんですね。かといって玄奘もまた天竺に向かっているというだけのキャラなので、他の誰かを絡ませないと物語が成立しないんです。玄奘は早い段階で女の子がいいと思っていたので、オリジナルキャラクターとして、イケメンで微笑み教の教祖・龍翔を作ったんです。イケメンと女の子であれば、恋要素も出てきますからね(笑)。そこからはすんなり作っていけました。

大事なのは、物語が終わった時に主役の山田太郎と玄奘が、何が起こったのか分かっていないということでした。物語やキャラクターが大きく変わったり、原作の誰かが成長したりするとダメで、「何もない話」じゃないと画太郎イズムがなくなってしまう。そこは重要視して物語を作っていきました。
──以前『地獄甲子園』でインタビューさせていただいたのですが、当時は、画太郎先生直筆のFAXをもらいながら脚本を書いていったと聞きました。今回、画太郎先生はどんな風に関わったのですか?
監督:今回はFAXなかったですね(笑)。画太郎さん本人も、入れ込んでしまうとそっちに気持ちが行っちゃう方で、画太郎さんが忙しい時だったので、ちょうどよかったと思います(笑)。最初に画太郎さんからは、「原作は無視していいから、色んな人たちが観れるメジャーな映画にしてくれ」と言われました。
──確かに、小学生の男の子が観ても楽しめる作品になっていました。
監督:それは嬉しいですね。僕としても、『地獄甲子園』や『漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)』ってミニシアターでやる映画としてはヒットしたんですけど、あれは僕の中ではサブカルのほうに向けた作り方をしていたので、10年後、また画太郎作品をやるならばアプローチを変えたいと思っていました。画太郎さんのファンじゃない方にも観てもらえるような、もうちょっとメジャー感がある作品ですね。その思いは画太郎さんと一緒だったので、キャスティングにもそういう要素があるんです。
──そこで、主人公の山田太郎が松山ケンイチさん…。原作ファンもビックリですね。
『珍遊記』 『珍遊記』 『珍遊記』 『珍遊記』 『珍遊記』
監督:漫画が映画化されると大体は何か言われるけど、松山くんってほぼアンチがいないと思うんです。原作と違うイメージでも文句を言わせないというか、彼なら何かやってくれそうと思わせる。そのパワーが凄いし稀有な存在だ思います。山田太郎にしても、これだけ見た目違うのに、ポスタービジュアルが出たときに、なんか山田太郎に見えてくるってすげえなって(笑)。

松山くん自身も最初は「僕に出来ますかね」って言ってたんですけど、彼は色々な情報のなかから自分で咀嚼していくタイプで、ある日急に「みつけました!山田太郎、これですよね」ってメールが届いて、それが千原せいじさんだったんです(笑)。千原せいじさんの、がさつだけど嫌われない感じって確かにそうだなと思って(笑)。千原さんをベースに、僕のほうからは『ニッポン無責任時代』の植木等さんを入れてもらったり、松山くんが見つけてきた松岡修造さんの顔だったり(笑)、一緒にやっていくなかで、実写版としての山田太郎像が見えてきました。
──それは頼りがいがありますね!
監督:松山くんはもちろんですが、今回は倉科さんや溝端くんも全員そうで、これだけ難敵な原作を、3人に助けられたと思います。
──玄奘役の倉科さんは、かなりきわどい台詞も多かったですね。
監督:ほぼ質問もなく飄々とやっていました(笑)。普通ならエキセントリックな感じで力を込めて言っちゃったりすると思うけど、引芸が分かっているというか、上手く、イヤらしくなく、臭くなくさらりとやってくれました。怒るところは「悪魔のように怒ってくれ」ぐらいは言いましたけど、僕からはほぼ何も言ってないですね。
──溝端さんはもちろんイケメンですが、ものすごく色っぽくて、ぶっ飛んでいました。オリジナルキャラですが、どんな話し合いをしたのですか?
監督:溝端くんも、僕からはほぼ何も言ってないですね。龍翔は「とにかく空回りする人」って言ったら納得していました。溝端くんは完璧なイケメンで、健康的なイメージがあると思うんですけど、諸葛孔明のような衣装にしてもらったらものすごく似合っていて、色っぽかったですよね。こいつがどんどん壊れていくとこを見たい!こいつを壊したい!って思いました(笑)。
──ピエール瀧さんや温水洋一さんは、画太郎作品になくてはならない存在ですね。
監督:この2人は絶対に出さないとって思いました。一番最初に決まったキャストが瀧さんなんです。瀧さんは原作にも出てくるし、画太郎さんと漫画も描いているので、出さないとみんなから文句言われるなと思って(笑)。瀧さんも「宿命だ」と言って出演してくれました。役者としての評価もうなぎ登りなので、顔を隠すぐらいの役でもいいと思って、“変身前の山田太郎”でピンポイントオファーしました。

温水さんとも何度か仕事をしてますが、今回は従来の温水さんじゃない役柄をやってもらいたいと思いました。一見、酔っ払いで温水さんらしさはあるんですけど、実は酔拳の使い手でめちゃくちゃ強い(笑)。
──温水さんのアクション、かっこよかったですよ!最後の見せ場も(笑)
監督:アクションチームもビックリしてたんですけど、温水さんは意外とアクション感があって、アクションの吹き替えも用意してたんですが、ほとんど自分でやっていました(笑)。

そういえば画太郎さんからもう一つ終わり方についてオーダーがありました。それをどう入れるか、結構考えました。今回は画太郎さんのファン以外の方や小学生の子供でも楽しめるメジャー作品として作ったけど、画太郎さんのファン向けにどうエクスキューズするかも大事ですからね。温水さんが演じた中村泰造って、ファンにはお馴染みのキャラクターです。今回、僕の中でメジャー作品としての『珍遊記』はラストシーンで終わっていて、その後のエンドロールは完全に画太郎ファン向けの展開にしました。画太郎さんの原作を知らない方には意味がわからない世界ですけど(笑)。
──中村泰造はとにかく強いと(笑)。では最後に、映画を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。
監督:とにかくキャストが豪華です。松山ケンイチはもちろん、倉科カナ史上一番かわいい倉科カナ、溝端淳平も今まで見たことのない弾けた姿を見せるので、是非注目して観てください。あと、エンドクレジットで立たないで欲しいですね(笑)。そこまで観て伝わるものもあると思いますので、是非、最後まで立たないで観て欲しいです。
2016年2月27日
『珍遊記』
2016年2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー
公式サイト:http://chinyuuki.com