ニュース&レポート

矢沢永吉ドキュメントが公開!最も身近にいた監督が明かす、「カッコいい60歳」になる秘訣

E.YAZAWA ROCK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ロック界の大御所・矢沢永吉の、30年に渡るアーティスト生活を振り返りながら、60歳の素顔に迫るドキュメンタリー『E.YAZAWA ROCK』が11月21日(土)より公開される。1980年に製作された『矢沢永吉 RUN&RUN』の未公開映像や撮りおろしインタビュー、ライブステージや舞台裏の様子を交え、オンとオフ、インとアウトの矢沢永吉を映し出した本作は、ブレずに進化し続けてきた男の生き様を捉えたライフ・ドキュメント。60歳でもなお輝き続ける矢沢永吉の魅力とは──?本作で、彼の人生にカメラを向けた増田監督に直撃しました。
画像:『バE.YAZAWA ROCK』増田監督インタビュー

──このドキュメンタリーを撮るきっかけが、矢沢さんと2人で『RUN&RUN』を試写室で観たことから、と伺いました。とてもドラマチックなスタートですね。
画像:『E.YAZAWA ROCK』 画像:『E.YAZAWA ROCK』 画像:『E.YAZAWA ROCK』 画像:『E.YAZAWA ROCK』 画像:『E.YAZAWA ROCK』
増田:そうなんです。映画ができる裏には、またひとつのドラマがあるんですよね。一昨年、永ちゃんと約20年ぶりに会って酒飲んでいた時に、30年前の『RUN&RUN』の話になって、「もう一回観ようよ」と言ったんです。でも、DVDで小さなモニターで観るのも嫌だったので、試写室のでっかいスクリーンで観ました。その時は、映画を作ろうと思っていた訳じゃなかったけど、スクリーンの中に30歳の矢沢がいて、隣にもうすぐ60歳を迎える矢沢がいる。シワは増えていても、「永ちゃん、かっこいいよな、もしかして今の方がかっこいいんじゃないか」と思って、衝動的にもう一回、矢沢永吉の映画をつくりたいと思ったんです。
──その場で「やろうよ!」となったんですか?
増田:いやいや、「永ちゃん、映画やろうよ」って言ったら、キョトンとした顔してましたよ。「映画?」って顔していて(笑)。そういう意味では割と慎重な人だから、すぐにやろうよという感じじゃなかったですね。映画という、彼自身が見えない世界だから慎重になったんだと思います。
少したって、事務所の倉庫を引っ掻き回したら、30年前のフィルムが残ってたんです。普通は使わなかったフィルムは捨てちゃうんだけど、缶は錆び付いていても、開けてみたらフィルムが劣化していなかった。当時、気まぐれにいれた乾燥剤が功を奏したんですね。永ちゃんに、「昔のフィルムが残ってるからやろうよ」っていったんですけど、それでもやろうとは言わなかったですね。
そうこうしているうちに、100回目の武道館に向けた「REAL」ツアーのリハーサルが始まるっていう時期になって、「永ちゃん、二度と撮れないかもしれないからキャメラを回させてくれ」って言ったら、「回すのはいいけど、もしも俺が途中で、やっぱりやらないと言ったら止めてくれる?」と言われました。そこがアクションの始まりですね。
──プロデュースだけという選択肢もあったと思いますが、そこをあえて初監督に挑戦したのは?
増田:誰か監督をたてると、僕が監督と永ちゃんとのコミュニケーションの通訳をすることになる。YAZAWAとの間の通訳は、かなり高い通訳料になるしね(笑)。通訳って100%伝わらないで、どこかで言葉が歪んで伝わるというのが嫌だったんですよ。それに、昔のフィルムも出てきて、当時は現場も一緒だったから、何処にどんなカットがあって、彼が何を喋ったかは、すべて僕の中にインプットされていたので、それも含めて、自分でやった方がいいかなと思ったんです。
──今回のドキュメンタリーは、過去を振り返り、現在があり、クライマックスを経て穏やかに語る…そんなストーリー展開がありましたが、構成は最初から決めていたんですか?
増田:ドキュメンタリーだけど、想定した台本を作って、永ちゃんに「こういう映画になる」と見せたんです。僕は、“矢沢永吉物語”──っていうと永ちゃんにダサイって言われるんだけど(笑)──、“STORY OF E.YAZAWA”というような劇映画を作るつもりでした。ドキュメンタリーという手法を借りて、“矢沢永吉物語”という劇映画を観た、そんな錯覚になるような映画にしたかったんです。『RUN&RUN』の時代は、DVDもなかったし、ライブがすぐにビデオになるわけじゃなかったから、YAZAWAのステージはコンサートに行かないと観れなかった。だから、ライブだけでも一本の映画になったんです。今回はそれと差別化するのに、もっとオフステージを見せていって、YAZAWAの音楽を見せる、聞かせる、と言うより、YAZAWAの生き様をドラマとして見せていくという方向にしたんです。
──「アイ・ラヴ・ユー,OK」の場面が感動的でした。会場のファンも映し出されていましたが、かつてやんちゃだった若者が父となり母となっている、そんな印象も受けました。
増田:あそこにも3分のドラマが、そして、お客さんの中にもドラマがあるんですよね。もうひとつ、『RUN&RUN』と差別化したかったのは、テレビでやるようなドキュメンタリーでは、あそこで「ファンもYAZAWAともに人生を歩んでいる」とか「一体となったコンサートを〜」とか、ナレーションが入るかもしれないけど、そういうのって安っぽいんだよね。ナレーションは一切使わず、YAZAWAの「言葉」であり、「歌詞」であり、それが全部のドラマを語っているという…永ちゃん流の言い方でいうと、その奥深さ…分かるかな(笑)。
──2008年に公開されるはずだったのが、矢沢さんが「まださらけ出せてない」と言って一年延びましたね。「さらけ出せていない」のは、どんな部分だったのですか?
増田:具体的にココというのではなくて、「まだ矢沢永吉が充分描ききれていない、俺も自分をさらけ出しきれてない、だからもう一年撮ってくれ」と言ってきたんです。矢沢がそこまで本気になっているのだからそれはアクセプトするしかないでしょう? そして、2人でバーでお酒飲んでいるシーンは、2台のカメラを2時間回しっぱなしにしたんです。永ちゃんの、一年延ばそう、は色々な意味で正解でしたね。
──バーのシーンはとても印象的でしたね。年齢を重ねてきた男の哀愁というか優しさが伝わってきました。
増田:60歳になっても、あれだけセクシーでいられるのは、そういう人生を送ってきてるからなんだよね。バーのシーンでも、例えば、「俺は才能があるんだと叫びたい奴がいて、周りも才能があると認めている、でもチャンスに恵まれない。チャンスに出会うのも才能だと言われると困っちゃうけど、でもチャンスに出会ってほしいと思う。」という言い方は、30歳の矢沢にはなかったし、言えなかった。それが出てきている。幹(みき)の部分はブレてないけど、微妙に変化というか、進化してるんだと思います。

僕も、「映画やろうよ」って言った時に、最初は意識した訳じゃないけど、どこか、永ちゃんの魅力を探りたかったんだと思うんです。そして、映画が出来上がって分かった“魅力”というのが、「純粋である」ということ。それを貫けば、永ちゃんのようになるんだなと思った。永ちゃんの場合、音楽に対して純粋なんですよ。それはイコール生きるということに純粋。だから、彼が素敵になっていくんだと思います。人生の勝利者は、「純を貫くこと」なんだと思いましたね。もしも僕が40代50代の人から、「どうしたらカッコイイ60歳になれるんだろう?」と人生相談を受けたら、「純粋であれば、誠実であれば、なれますよ。」と答えますね(笑)。
矢沢永吉といえば、その口から発せられる名言の数々。本作でももちろん、ギラギラしている30代の頃の発言から、穏やかに語る60歳の独白まで、たくさんの名言が聞ける。また、その揺るぎない自信を物語るように展開される迫力のステージや、完璧なリーダーシップを発揮するリハーサル映像も、仕事や人生などあらゆる面で途方にくれた時には、元気をもらえるようなパワーがそこにある。観賞後には、古くからのファンは、ファンであることを改めて誇りに思い、これまで矢沢永吉の音楽を知らなかった人は、次のライブに行ってみたくなる、そんな心を動かす一作となっている。TVコマーシャルでしか矢沢永吉を知らない世代の方々も、是非劇場へ足を運んで欲しい。
2009年11月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『E. YAZAWA ROCK』
2009年11月21日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.rock-yazawa.com/