ニュース&レポート

『マリー・アントワネットに別れをつげて』レア・セドゥ オフィシャルインタビュー

マリー・アントワネットに別れをつげて

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
没後200年を経たいまでも世界中の女性達の憧れの的として絶大な人気を誇るフランス王妃マリー・アントワネット。これまで幾度となく映像化されてきた彼女の伝説を、<朗読係の少女>というミステリアスな視点から描いた『マリー・アントワネットに別れをつげて』が、12月15日(土)より公開。主人公の<朗読係の少女>を演じるのは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『ミッドナイト・イン・パリ』で存在感をみせつけたレア・セドゥ。本作の公開を前に、レア・セドゥのオフィシャルインタビューが到着しました。
『マリー・アントワネットに別れをつげて』レア・セドゥ オフィシャルインタビュー 『マリー・アントワネットに別れをつげて』 『マリー・アントワネットに別れをつげて』 『マリー・アントワネットに別れをつげて』 『マリー・アントワネットに別れをつげて』レア・セドゥ オフィシャルインタビュー
──あなたの演じる人物とストーリーについて教えてください。
レア・セドゥ(以下、レア):私の役はある若い使用人の女性で、王妃マリー・アントワネットに仕える朗読係なの。知られていないけれど、実在した女性なのよ。ヴェルサイユでは、あらゆる資料が保存されていて、どんなことも記録されているわ。この映画の原作「王妃に別れを告げて」を書いたのはシャンタル・トマという女性作家で、彼女は資料を調べ、ヴェルサイユの記録室へ行って、シドニー・ラボルドというマリー・アントワネットの第二補助朗読係の存在を知ったの。そしてこの小説を書き上げたのよ。確かに、物語の大部分は想像を膨らませて描かれているのだと思います。シドニーはそんなに知られていない人物だから。彼女はマリー・アントワネットに対してとても強い憧憬をもっていたのね。
──シドニーという役を演じていて、いかがでしたか?
レア:私はセリフだけで説明するような役よりも、空気を演じるのが好きなの。この役も言葉だけでなく、表情や仕草などすべてで空気を作りあげる役だったから、とても楽しかったです。
──監督のブノワ・ジャコーはあなたのどこに惹かれたのだと思いますか?
レア:大人になりきれていない、子供に近い感覚を持っていて、それを見せられるというところではないかしら。
──ブノワ・ジャコーと一緒に仕事をしてみてどんな経験になりましたか?
レア:ブノワと仕事をするのは、とても面白かったわ。彼はとても女優というものを愛していて、女優に敬意を払う人なの。そしてまた、映画について確固たる考えを持っているの。これは珍しいことよ。フランスで彼のように造詣の深い監督は、残念ながらもうあまり残っていないでしょうね。ブノワは、女性と映画を愛する人よ。
──王妃役のダイアン・クルーガーとの共演はいかがでしたか?
レア:実はダイアンとは、リハーサルを全くしていないの。なんと撮影初日に初めて顔を合わせたのよ。それまで一度も彼女に会ったこともなかったから、どぎまぎしたわ。でもお蔭で映画にとっては面白いことになったわね。
──本物のヴェルサイユ宮殿での撮影はどうでしたか? どんな印象を持ちましたか?
レア:とても素晴らしかった! ヴェルサイユではヴェルサイユ宮殿以外の他のいくつかのお城でも撮影したのだけれど、どこもとても美しかった。お城の中を歩くときにはうっとりしたわ。ヴェルサイユ宮殿でも部屋を渡り歩くときには、とても崇高な雰囲気を味わったものよ。
──リアルであり現代的にアレンジされた今回の衣装を着ていかがでしたか?
レア:コスチューム劇が大好きなので、それもこの作品に出ようと思ったひとつの理由よ。女の子だから、小さい頃からプリンセスへの憧れもあったしね。でも、単に着ているという事ではなく、ずっとそれを着て生活をしている風に見えなければならなかったから努力はしました。撮影の合間の待ち時間もずっと着ていたりしたわ。
──この作品の魅力は何だと思いますか?
レア:マリー・アントワネットの話を真正面から描いた作品は色々とあるけれど、宮殿内部の話や王妃の生活が描かれているのが面白いと思うわ。使用人たちの暮らしが描かれているのも魅力なんです。
──女優になろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?
レア:学校を卒業して何をしようかなと思っていた時に、ある俳優に恋をしたの。彼の出ている色んな舞台を見に行ったんだけど、その度に「あれ、君の名前はなんだったっけ?」って言われていたの。だから、誰もが知っているような有名人になろうと思ったのよ(笑)
──今後どのような女優になりたいですか?
レア:モデルとなるような人はいません。でも、色々な役を演じられる女優になりたいわ。作品ごとで全く異なった役柄になれるカメレオン女優に。そのためには確固たる自分を持っていないと難しいことだと思うわ。
──共演した俳優で印象に残っている人はいますか?
レア:レオナルド:ディカプリオはすっごくかっこよかったわ!トム・クルーズはとても優しかったのが印象的だったわ。
──憧れている人や好きな女優などはいますか?
レア:憧れているのはマイケル・ジャクソン!大好きなの!彼が亡くなったときはとっても悲しかったわ。好きな女優は、カトリーヌ・ドヌーブよ。とてもエレガントよね。
──好きな作家はいますか?
レア:そうね、本を読むのは大好きで、アルベール・コーエンやモーパッサンなどが特に好きね。でも他にもたくさんいるわ。素晴らしい本がたくさんあるもの。私は文学やユーモアがとても好きなの。そして、私は日本も大好きよ。スシも大好き(笑)。
2012年12月13日
『マリー・アントワネットに別れをつげて』
2012年12月15日(土)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ 他全国順次ロードショー
公式サイト:http://myqueen.gaga.ne.jp/