ニュース&レポート

桐谷美玲に主演女優賞をあげたい!──『ヒロイン失格』英勉監督インタビュー

ヒロイン失格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「別冊マーガレット」で連載され累計160万部を超える幸田もも子原作の人気同名コミックを、桐谷美玲主演で実写映画化した『ヒロイン失格』が、 9月19日(土)より公開。クールな幼なじみ・利太のことが大好きなヒロイン・はとりが、利太に彼女が出来たことから大暴走。彼を奪還すべく奮闘するが、そこへ学校イチのモテ男・弘光がアプローチしてきて…。私が好きな人か、私を好きな人か…2人の男子の間で揺れ動くヒロインを描いたロマンティック・コメディ。監督は『ハンサム★スーツ』や『高校デビュー』など軽やかなコメディから『貞子3D』まで幅広くエンターテインメント作品を手掛ける英勉監督。映画の公開を前に、英監督にお話を伺いました。
桐谷美玲に主演女優賞をあげたい!──『ヒロイン失格』英勉監督インタビュー
──同名漫画が原作ですが、監督自身はご存じでしたか?最初に読んだ時、どんな印象でしたか?
監督:もちろん知らなかったので、映画化の企画の時に初めて読みました。どういうわけか僕の所には少女漫画やラブストーリーの企画が舞い込んでくるんですけど、この漫画は瞬間的に面白いと思いました。タイトルも面白いし、主人公の設定や物語の構成がよかったので、すぐにやってみたいと思いました。
──原作者の幸田もも子さん自身が、密かに桐谷美玲さんをモデルにしていたそうですが、映画化の時点で桐谷さんを主演に想定していたのですか?
ヒロイン失格 ヒロイン失格 ヒロイン失格
監督:原作のモデルが美玲ちゃんだとは知らなかったけど、相思相愛だったんですよね。多少前後してるかもしれないけど、映画化の企画と、美玲ちゃん主演っていうのは、ほぼ同時期だったと思います。ただ僕が原作を読んだ時点では、決まっていなかったので、僕自身は美玲ちゃんを想定して読んではいなかったです。

僕にとって今までの美玲ちゃんは、知性があって控え目な印象で、弾けたり何でもやるという印象がなかったので、それも良かったですね。この映画で初めてそういう部分を観てもらうのも良いなと。
──かなりぶっ飛んだ演技をしていて、驚くほど表情豊かでした。どこまでやるか、現場でかなり話し合ったのですか?
監督:現場でというよりは、撮影に入る前に沢山話しました。台本に書いてることは全部やってもらおうと思っていたので。主人公のはとりは、感情が全部素直に出る女の子で行動力もある。単純な喜怒哀楽だけじゃなくて、怒ってキレて鬼の形相になる。笑うときはひっくり返るほど笑うし、泣くときはグズグズになって号泣する。コケるしバク宙するし踊るし歌うし(笑)。そういったことは全部やると言ったら、美玲ちゃんもすぐに覚悟を決めて「やりましょう!」と言ってくれました。

美玲ちゃん自身も原作を好きなので、原作の好きなセリフやシーンをあげて「グッときません?」と言われて、僕が改めて原作を読み直すこともありましたね。そういったシーンやセリフもいくつか取り入れました。主演女優として原作に対してリスペクトをもって臨んでいて、めっちゃ頑張ってたしカワイイし、何かの主演女優賞をあげたいくらいです(笑)。
──『高校デビュー』も漫画原作でしたが、少女漫画の世界を映像化する時に気を付けることは?
監督:ものによって違うんですけど、今回は、いわゆる少女漫画が持っている世界観に収めないほうがいいかなと思いました。もちろん世界観をずらすということじゃなくて、もともとヒロインと、そこに絡んでくる利太と弘光のキャラクターが立っていたので、人としての佇まい、キャラクターをしっかり実写に写してあげたかった。だから、3人がどんな人物かっていうのはすごく考えました。「これははとりっぽい?」「利太ってどんなやつ?」「弘光はこんなこと言うかな?」とか、脚本段階でものすごく話し合いました。
──前半ではCGも多用していましたが、後半ではストーリーに集中できました。CGのインパクトとストーリー、コミカルな部分とシリアスな部分のバランスも素晴らしかったと思います。
監督:そのバランスはものすごくこだわりました。コメディ映画ならもっといっぱいコメディ要素を撮るんですけど、今回はコメディを撮ったつもりはなくて、あくまでも恋愛映画です。CGを使っているのは、僕らが面白がって使っているというよりも、はとりが発する感情表現として出てくるんです。前半ではまだ自分がヒロインだと思っているから、頭上には“ヒロイン”って輝いてるし、ダメじゃんってなったら崩れる、ショックを受けると矢も刺さる。彼女がヒロインとして失格状態で、ガンガン動く感情にはいくらでもコミカルな演出はできるんですが、後半になると彼女の気持ちが2人の間で揺れ動いたり、真剣に純粋になっていくので、当然そこにCGを使う必要がない。それだけのことなんですけど、それをどのくらいの表現でやるか、ストーリーの邪魔をしないか、リズムがよいか、恋愛映画としてあり得るのか、台本の段階からものすごく考えましたね。
ヒロイン失格 ヒロイン失格 ヒロイン失格
──寺坂利太を演じた山﨑賢人さん、弘光廣祐を坂口健太郎さんのキャスティングと役作りのポイントは?
監督:2人とも、実際に会うまでは特別な印象はなかったんですけど、会った瞬間、すぐに「これはいけるな」って思いました。

利太は臆病というまでいかないけど人との距離の取り方が今っぽい男の子で、母性をくすぐるタイプでありながら、「ふにゃふにゃしやがって面倒くさい!」という程でもない。その頃合いは苦労しましたね。山﨑君はすごく人懐っこくて、相手に対して全然構えずにさらっと入ってくる。この雰囲気は大切にしたいなと思って、そこに利太らしい壁を作ったり、言葉数を減らしたりしていったら、山﨑君らしい利太が見えてきました。佇まいも、ちょっと“だるっ”とした感じがよかったですね。

弘光は、王子様っぽいけど王子様ではない。物事を客観的に見ている男で、人との距離感も抜群やから、近づく時はものすごい顔を近づけて、そうじゃない時は何にもしない。本当だったら恥ずかしくて出来ないことにも平気で踏み込める奴だと思うんです。坂口君とは、最初に、笑顔の作り方とか、人との距離感を恥ずかしがらずにやろうって話し合いました。
──2人とも真逆の魅力があって、どちらもかっこよかったです。
監督:ちなみに、どっち派ですか?
──どちらかと言えば……弘光君です(笑)
監督:やっぱり(笑)。完全に別れるんですよね。何か特徴があって、女性的な人は弘光派で、すごく若い人か母性的な印象の女性は、利太派なんですよね(笑)。映画を観た後に、どっち派なのか議論して頂ければ(笑)。
2015年9月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヒロイン失格』
2015年9月19日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://heroine-shikkaku.jp