ニュース&レポート

『LEGO(R) ムービー』監督 フィル・ロード&クリストファー・ミラー オフィシャルインタビュー

LEGO(R) ムービー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
デンマーク生まれの玩具レゴブロックの世界を映画化した『LEGO(R) ムービー』が、3月21日(金・祝)より全国公開。本作は、『くもりときどきミートボール』のフィル・ロード&クリストファー・ミラーが監督&脚本を担当し、LEGO(R)ワールドで人気のキャラクターや、スーパーマン、バットマンなどの誰もが知る人気のヒーローが数多く登場し、大騒動を繰り広げるアクション・アドベンチャー。映画の公開を前に、フィル・ロード&クリストファー・ミラー監督のオフィシャルインタビューが到着しました。
『LEGO(R) ムービー』監督 フィル・ロード&クリストファー・ミラー オフィシャルインタビュー
『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』 『LEGO(R) ムービー』
──この作品で観客にはどんなところを楽しんでもらいたいですか?
フィル・ロード(以下:PL):まるで8歳の子供が作ったような映画だと感じて楽しんでもらえたら嬉しいよ。
クリストファー・ミラー(以下:CM):この映画を観て自分でもレゴを作ろうと思って欲しいな。レゴで新しい作品を組み立ててみたりして、新たな挑戦をして欲しいんだ。それがこの映画のテーマにもなっているからね。
──本作で伝えたいメッセージを教えてください。
PL:映画を観る前は、「OK、楽しいだろうけど、どうだろうな?」と思うかもしれない。でも観終わったら、「すごい! ストーリーもリアルだし、共感もできるし、感動した」と感じるはずさ。なにしろ僕らは、「これはとても楽しい映画だし、様々な世界が7つも出てくる。それにキャラクターたちも何百万と登場する。夢中になれるし感動できる話になっているはずだから、飽きて寝ちゃうことなんて絶対にないぞ」と思っていたからね。居眠りする観客なんてほとんどいないと思うけど、みんなにはバッチリ起きて楽しんでもらいたいね。
CM:それに大音量だしね。
PL:そう、かなりね――あえて大音量にもしたんだよ。
──“Everything is Awesome”という曲ですが、耳から離れないような曲にしたのはワザとですか?
CM:そうだよ――脚本の中に“Everything is Awesome すべてはサイコー”というタイトルの曲があることを記しておいたんだ。しかも耳から離れない安っぽいポップソングとしてね。実際にバカバカしくて、頭から離れない曲になったね。
──豪華ボイスキャストとの仕事はいかがでしたか?
PL:脚本家兼監督としては夢が叶った気分だったよ。愉快で才能のある人々を起用することができて、もう半分は勝ったも同然だったよ。彼らの後ろに隠れていれば監督兼脚本家としての弱点を隠すことができるからね。
CM:あと、コメディアンじゃないけど、とても楽しいと思った人たちをキャストに加えたかったんだ。例えばモーガン・フリーマンやリーアム・ニーソンだね。そこにウィル・フェレルやクリス・プラット、エリザベス・バンクス。ウィル・アーネットといった最高に面白くてアドリブ上手な人たちに参加してもらって、さらにニック・オファーマン、アリソン・ブリー、チャーリー・デイを起用した。彼らのアイデアは大歓迎だったし、リラックスしてアドリブをしてもらいたかったんだ。全員がリアルで自然でかなり面白い演技をしてくれたね。一流な人々だったおかげで大きな手助けになってくれたよ。
──本作のビジュアル面はどのように見せたいと考えていましたか?
PL:レゴブロックで可能なことの限度を守りながら、ハリウッド超大作ならではのスケール感を出したかったんだ。だから例えば腕はあれ以上上がらないから表現手段のひとつとして使っていくようにしたりと、決め事をしていったんだよ。大体はうまくいったね。この作戦が功を奏したのは嬉しい喜びだったと思っているよ。
CM:あと、映画に登場するすべてがレゴでできていることにこだわったよ。過去にはないような映画にしたかったからね。海も炎も煙も爆発も雲も全部レゴだ。「こんなの上手くいくワケない」と思っていた人もいたけど、実際には上手く行ったどころか、最高の出来栄えになったと思うね。
PL:そうだね。
2014年3月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『LEGO(R) ムービー』
2014年3月21日(金・祝)新宿ピカデリー他 全国ロードショー 3D/2D同時公開
公式サイト:http://www.legomovie.jp