ニュース&レポート

思いっきり笑って明日から頑張ろうと思って欲しい─『漫才ギャング』品川ヒロシ監督インタビュー

漫才ギャング

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
初監督にして大ヒットを記録した『ドロップ』に続き、品川ヒロシが自身の原作小説を映画化した、監督第2弾『漫才ギャング』。本作は、品川の本業である"お笑い"をテーマに、性格も境遇もまったく違うふたり男が、"お笑い"の世界での成功を夢見て奮闘する姿を描いた群像劇。佐藤隆太と上地雄輔を主演に迎え、笑いはもちろん、恋愛や友情ドラマ、そしてアクションシーンもふんだんに盛り込まれた爽快な青春エンタテインメントに仕上がっている。本作の公開を前に、品川監督にお話を伺いました。
『漫才ギャング』品川ヒロシ監督インタビュー
──今回は2作目となりますが、初監督作の『ドロップ』が大ヒットしたことで、プレッシャーにならなかったですか?
品川:そんなにならなかったですね。『ドロップ』は"まぐれ"だったと言われるのは嫌だったけど、楽しんで撮りました。
──原作は2009年に発売されていますが、執筆中に映像化を前提にしていたんですか?
品川:映画って、お話が来てもなくなることもいっぱいあるし、100%なるとはわからないので、「映画になればいいな」とは思いながらも、半信半疑で進めていましたね。
『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』 『漫才ギャング』
──キャスティングもご自身でされていますが、主演の上地雄輔さんや佐藤隆太さんの決め手は?
品川:佐藤隆太君は、熱い芝居もコミカルでテンションが高い芝居もどっちも出来るから、飛夫かな…と思っていました。雄輔のほうは、小説を書いてる時から、「こんなこと考えてるんだ」とは言ってたので、どっちとは言わずやって欲しいなと思ってたんですけど、飛夫が佐藤隆太君だと思ったので、自然と龍平になりましたね。
──脇を固める芸人さんたちも、キャラが立っていて面白かったです。彼らのキャスティングのポイントは?
品川:普段から仲が良いやつばかりなので、小説を書いてる時から、映画になったら(宮川)大輔さん、秋山(竜次)、綾部(祐二)、西代(洋)、大悟には、この役やらせたいなと思いながら書いてました。
──根っからの役者ではない方など、不安そうにしていませんでしたか?士気を高めるために何か気をつけていましたか?
品川:(不安は)あったんですかねぇ…。でも僕は「大丈夫!大丈夫!」と「出来る!出来る!」が口癖なので(笑)、みんな良い感じでしたよ。
──今回もケンカシーンがたくさんあって、アクションはかなり本気モードでしたね。
品川:ひやっとする場面もありましたけど(笑)。僕は、首から下はほとんど当ててもらっているので、大変だったと思います。アクション練習とかして、綿密にリハーサルしてましたけど。
──アクションシーンも迫力ありましたが、全体的にカット割りとかテンポとか展開が素敵でした。こういったイメージは絵コンテを描いたりして作っていくんですか?
品川:絵コンテは描かないですね。カット割りは書いてますけど、でも、役者に動きをつけたら全く変わっちゃうので、なんとなくですね。『漫才ギャング』は、特にアクションシーンとか、やりたいことが決まっていたので、これをここで入れるとかいったのは、現場判断ですね。ハイスピードとコマ落としでやろうとか、ズームを多用しようとか、何となくテーマはありましたけど、でもそんなに綿密に考えているわけではないですね。
──前作でも、漫画のコマから場面転換するなど特徴的でしたが、今回は、心の声をモノクロ映像で表現していましたね。
品川:ナレーションにしようかなと思ったんですけど、隆太君の顔の料理だけだとイマイチ長いし、カッコイイ方法ないかなと思って考えました。
──話は変わりますが、もともと映画を撮ろうと思ったのはいつ頃だったんですか?
品川:芸人になる前から映画が好きだったので、芸人をはじめた瞬間から、いずれ映画を撮りたいなとは思ってましたね。
──本業のお笑いでネタを考える、本を執筆する、映画を作る、と、様々なことをやっていますが、一番苦労するものってなんですか?
品川:どれがどうってのはないですけど、映画は待たされるってことがちょっとつらいですね。お笑いのネタは、出番の日にちが決まっていて、それまでに作って稽古をする。でも映画は、台本を書いて、やっとクランクインが決まってもそれまで時間ありますから、僕にとっては、生み出すことより待ってる時間がつらいかな。
──待つ時間が長いと、最初の段階で考えていたものと、出来上がったものとでは、"ぶれ"はあるものですか?
品川:全然違うと思いますよ。でも人間の脳みそって都合良いもので、出来上がってみると、「最初からこれを描こうと思ってた」と感じますね(笑)。
──こうして取材を受けたり、既に映画を観た人から感想を聞いたりしていて、意外だった反応とか嬉しい反応はどんなものですか?
品川:芸人が観て「面白い」って言ってくれるのは嬉しいですね。やっぱり芸人の物語なので、芸人にリアリティがないと言われるとキツイなと思いますから。
──前作では不良、今作では漫才と、これまで自身の経験や身近なものを題材にしていますが、これからテーマにしたいものは?
品川:何でもやりたいですね。時代劇、ゾンビ、ヒーローものとか(笑)。人の原作もやってみたいですね。脚本の段階である程度イメージしながら書くので、脚本は自分で書きたいなとは思いますけど。小説とか読んでいて、「撮りたいな」とは思いますけど、そういうのは動き出していますから、なかなか自分にチャンスはないですけど。
──最後に、これからご覧になる皆さまにメッセージをお願いします。
品川:漫才という設定ではありますけど、誰でも共感できるような青春物語になってますので、映画館で思いっきり笑って欲しいですし、映画館を出て爽やかになって、「明日から頑張ろうかな」と思って頂ければ嬉しいですね。
2011年3月16日
『漫才ギャング』
2011年3月19日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://www.manzaigang.jp/