ニュース&レポート

着物姿のマリア・カラス 女優としての天才ぶりにも驚き ──『私は、マリア・カラス』トム・ヴォルフ監督インタビュー

私は、マリア・カラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
音楽史に永遠に輝く才能と絶賛されたオペラ歌手、マリア・カラスの人生を綴ったドキュメンタリー映画『私は、マリア・カラス』が、12月21日(金)より公開。世界にひとつの歌声と、高度なテクニックを自在に操る歌唱力、役柄とひとつになる女優魂、さらにエキゾティックな美貌と圧倒的なカリスマ性で聴衆を魅了する一方、波乱に満ちた人生を送った不世出のディーヴァ。未完の自叙伝やプライベートな手紙、秘蔵映像など実に50%以上の初公開素材で構成された本作には、プロフェッショナルとしての信念と、ひとりの女性としての幸せに揺れる姿が、彼女自身の言葉と歌で綴られている。本作のメガホンをとったトム・ヴォルフ監督にお話しを伺いました。
着物姿のマリア・カラス 女優としての天才ぶりにも驚き ──『私は、マリア・カラス』トム・ヴォルフ監督インタビュー
──3年かけて<真のマリア・カラスを探し求める旅>に出たそうですが、彼女のどんなところに惹かれたのでしょうか?また、はじめからドキュメンタリー映画を撮ろうと思っていたのですか?
監督:彼女の人生は、<マリア>としても、アーティストの<カラス>としても、ジョットコースターのような波瀾万丈な人生で、それが同時進行していたところに惹かれました。それはフィクションや小説のネタになるようなドラマチックなものでしたが、数多くのアーカイブが揃ったので、ドキュメンタリー映画として撮ろうと思いました。
──膨大なアーカイブのなかから、マリア・カラスという女性を表現するために、どんな基準で取捨選択したのですか?
監督:確かに、映画に入りきらないほどたくさんの資料が集まりました。40時間以上のフッテージ、400通以上の手紙、数え切れないほどの録音がありましたが、基準としては1つのスムーズなストーリーを作るために必要なものを選びました。コレクターのように集めたものをただ陳列するだけじゃなく、一つ一つが互いに繋がるように物語を語りたかったのです。未公開映像もたくさんあったので、なるべく皆が喜ぶような素材を使いつつ、スムーズなストーリーを語れることが基準でした。
『私は、マリア・カラス』『私は、マリア・カラス』
──世に知られていなかったこともたくさん綴られていますが、監督のなかでマリア・カラスの印象が変わったという内容はありましたか?
監督:デビッド・フロストのインタビューです。これは1970年に生放送されて以降失われたと思われていたんですが、1つだけコピーが残っていました。50年後、映画に使えたことは本当に奇跡だったと思います。このインタビューで彼女は自分自身をさらけ出しているので、インタビューというよりは告白だという印象を受けました。とても感銘を受けたので、この映像が映画のバックボーンというか、全てを繋ぐ糸になっています。このインタビューを軸に、フラッシュバックで構成したのです。

それから彼女のホームビデオには、100%プライベートの部分が出ていました。とても可愛らしい女の子のような姿が映っていて、いわゆるカラスというアーティストのイメージからかけ離れたもので、私たちの知らない面がよく出ていると思います。家で撮ったものや、休暇の時に親しい友人が撮ってくれたものが、こういう形で観られるというのは面白いと思います。
『私は、マリア・カラス』『私は、マリア・カラス』
──デビッド・フロストのインタビューにブラウン管の枠がついていたり、古いフィルムを枠付きで見せるなどしていましたが、そういった見せ方も工夫されたのですか?
監督:あれは付け加えたものではなくて、スーパー8や16mmフォルムのフレームをそのまま使っているんです。普通の映画では枠を取ってしまうものですが、私はわざわざ残しました。あれを見せること自体に価値があると思ったのです。本物のフィルムであることを表現するとともに、その当時に浸れるものだったし、スーパー8などを知らない若い世代に紹介するという意味もありました。

デビッド・フロストのインタビューのフレームは、本物のテレビを映したものです。生放送したテレビ局にも保存されていないものでしたが、マリア・カラスの友だちがたまたまスーパー8でテレビ放映を撮っていたんです(笑)。あの当時はVHSもないので、テレビ番組を録画出来ず、スーパー8でテレビそのものを撮っていたのです。
──そうなんですか!?貴重な感じで懐かしさに浸れるものだったので、そういう演出なのかと思いました(笑)
監督:映画で使われている素材は全部本物で何も付け加えていないので、映画に入った瞬間に50〜60年代を“現在”として感じられるんだと思います。
──映画の冒頭に挿入された、着物を着たマリア・カラスの「蝶々夫人」も貴重な映像ですね。
監督:マリア・カラスの「蝶々夫人」のアリアはすごく有名ですが、それはレコードになったものが有名なわけで、実はオペラとしてはたったの4晩しか演じていないのです。彼女の人生に一度、1955年のシカゴでの4夜のみです。そのリハーサル風景があの映像なのです。

「蝶々夫人」はイタリアの作曲家(プッチーニ)の音楽ですが、舞台は日本です。マリア・カラスが着物を着て、日本女性の仕草を完全に取り込んでいることに驚きを感じました。あの当時、彼女はまだ日本に行ったことがなく、たぶん日本映画を観たこともなかったので、日本女性の仕草などを知るチャンスがなかったと思います。それなのに何故、日本女性らしい仕草をみつけたのか。それが彼女の天才さを表していると思います。彼女はきっと音楽のなかから日本の芸者の雰囲気というものを本能で嗅ぎ取って、それを表現したのだと思います。その仕草がリアルなので、見ている私たちも彼女を日本女性のキャラクターとして見ることが出来て、蝶々夫人が魅力的に見えるんですね。やはり彼女は女優としても天才だったのだと思います。

彼女が歌うアリアと、彼女自身の人生はいつも平行線でした。彼女は自分の人生に起こっていることを、アリアで選び歌っていました。彼女が選ぶアリアの歌詞を見ると、そこに彼女の人生があるのです。そういうところもしっかり見て欲しいですね。



(C)2017 - Eléphant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinéma
2018年12月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『私は、マリア・カラス』
2018年12月21日(金)より TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
公式サイト:http://gaga.ne.jp/maria-callas