ニュース&レポート

“不在の母親”を非難せず描きたかった ──『パパは奮闘中!』ギヨーム・セネズ監督インタビュー

パパは奮闘中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『タイピスト!』『モリエール 恋こそ喜劇』のロマン・デュリス主演の新作『パパは奮闘中!』が、4月27日(土)より公開。本作は、愛する妻がある日突然行方不明になり、仕事や育児をひとりでこなさなければならなくなった主人公と子供たちの、奮闘の日々、愛と絆を描く感動作。監督は、初長編作「Keeper」で70を超える映画祭に招待され20の賞を獲得した、ベルギーの新鋭ギヨーム・セネズ。本作の公開を前に、メガホンをとったギヨーム・セネズ監督にお話を伺いました。
“不在の母親”を非難せず描きたかった ──『パパは奮闘中!』ギヨーム・セネズ監督インタビュー
──監督自身の経験がベースになっているそうですね。自伝的な物語なのですか?
監督:自伝とも言い切れません。というのも、僕には子供がいて、パートナーと別れた経験がある。でも、合意による別れだったし、親権も両方が持ち、子供は交代制で面倒を見ることになったから、何の問題もありませんでした。しかしある時、この経験の過程でもし何かが違っていたらどうだろう?オリヴィエのように100%が僕にのしかかってきたら?自分は映画作家と子育ての間で、どうバランスをとるのだろう?かと考えた。そういった疑問というか不安から、それを基にシナリオを書き始めました。だから僕の経験はあくまでも引き金であって、主人公のキャラクターも僕とは遠いものだし、物語はフィクションです。
──これまで父親と子供の物語は、妻の病気、あるいは自立に伴う別れだったりして、理由もわからず妻が突然出て行ったという状況は珍しいと思います。この物語を描くうえで気をつけたことはありますか?
監督:おっしゃる通りで、僕もフランス映画を見ていて、男性が一人になる時は、女性が服役していたり、誘拐された、あるいは亡くなったっていうパターンが多かった。まるで女性が子供を捨てて出て行くのはタブーで、とんでもないことのように。男性の場合は何故か許容される。家庭や人生の中で自分の立ち位置を見つけることが出来ない女性もいます。女性でもそういうことがあり得るんだって事を、非難せず描きたかったんです。映画では、ローラが出て行った理由は語られないけど、不在でもずっと愛される人物であり続けるようにしました。
──確かに妻ローラへの非難めいた視点はなかったと思います。そのせいか、不在のローラに感情移入することが多かったです。
監督:良かったです。それはまさに私が望んでいることです。観客がどの人物に感情移入するかは全くの自由。自分の感性に従って欲しいですね。登場人物は、長所もあれば短所もあるわけで、本当にリアルな社会と同じなんです。
──ロマン・デュリスさんとは、オリヴィエの役作りについてどんな話し合いをしましたか?
監督:まさに感情移入の話をしていて、最初、ロマンは不安に感じると言っていました。観客が、自分が演じるオリヴィエを好きになれないんじゃないかって。確かにオリヴィエはヒーローじゃない。かといってアンチヒーローでもない。ただ不器用なだけで、自分でもそれを理解している。そういったところを話し合っていきました。
──撮影中は、脚本を俳優に渡さずに演出するそうですね。
監督:そうです。脚本はわりときっちり書いておきましたが、セリフの部分は俳優に渡さず、シチュエーションの説明をして、そのシーンの目的や意図、前後のシーンについてなど、セリフ以外の要素を伝えるんです。そしてまずは即興で演技をしてもらう。状況を正確に伝えていると、最初の即興で理想に近いものが出てくる。そこで出てきたものを削ぎ落としたりして、繰り返しリハを重ねると、最終的に脚本に書かれたイメージに自然と近づいていくんです。
──俳優との信頼が大切になりますね。
監督:もちろん。お互いの信頼がないと、役者も全てを出し切ってくれません。ただ、僕が書いたシナリオに必ずしも一致しなくてもいいんです。最終的に良い結果が出れば良いのであって。コミュニケーションしながら作り上げていく感じです。
──オリヴィエの子供たちはすごく自然に映っていました。演じている感が全くないですね。
監督:二人とも映画初出演で、150人ぐらいの候補者の中から残った子たちでした。明らかに他の子と違う個性を持っていて、まさに一目惚れでした。
──子供たちは、ママがいなくなるという状況を理解しながら演じていたのですか?
監督:よく理解していました。というのも、撮影前に母ローラ役のルーシー・ドゥベイと子供たちが打ち解けられるよう、公園に遊びに行ったりアイスクリームを食べたり、しばらく一緒に過ごしてもらいました。そして撮影の最初の1週間は一緒のシーンを撮って、その後突然ローラが来なくなる。それで子供たちはママがいないという状況をよく理解してくれました。子供たちに対しても、演技を誘導することはせず、彼らの感情に寄り添いながら皆でセリフを見つけていく方法をとりました。

撮影中に驚いたことがあって、妹・ローズ役の子が心理学者のところへいって、セラピーとして、200個ほどの人形の中から、パパ、ママ、自分を選んでもらうシーンがありました。するとローズは、パパとして選んだのがゴリラ、ママとして選んだのがヘビ、自分として選んだのがカメでした。よく理解しているんだなと思いました(笑)。
──お兄ちゃんのエリオットと妹のローズは、オリヴィエと妹のベティの関係と重なって見えました。
監督:まさに合わせ鏡になっています。エリオットが妹の面倒をみるだけじゃなく、ローズもお兄ちゃんの世話を焼いたり、お互いに思いやりあう絆の深さも含めて、オリヴィエとベティとの合わせ鏡になるようにしました。
2019年4月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『パパは奮闘中!』
2019年4月27日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次公開
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/funto