ニュース&レポート

斬馬刀を担いだら、「バカっぽくていいね」って(笑)──『るろうに剣心』青木崇高インタビュー

るろうに剣心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「不殺(ころさず)」の誓いをたて流浪人として旅をする伝説の剣客・緋村剣心が、大切な人を守るため、再び闘いに身を投じていく姿を描いたアクション・エンターテイメント『るろうに剣心』。本作で主人公・剣心と牢屋で出会い、のちに行動を共にしていく仲間・相楽左之助を演じたのが、NHKドラマ「龍馬伝」で大友組に参加した青木崇高。斬馬刀を豪快に振り回す喧嘩屋でありながら、人情に厚い兄貴肌という魅力溢れるキャラクターを活き活きと演じた青木崇高にインタビュー。左之助の人物像や撮影現場について語って頂きました。
斬馬刀を担いだら、「バカっぽくていいね」って(笑)──『るろうに剣心』青木崇高インタビュー
──「るろうに剣心」の原作を読んでいましたか?映画化にあたり、ご自身が相楽左之助を演じる事になったときの心境を教えてください。
青木:原作はリアルタイムで読んでいました。大友監督とは一緒にお仕事させて頂いていたので、映画は面白くなるだろうと思いました。本格的なアクションも初めてだったので、大変だろうと思いましたが、楽しく出来ました。
『るろうに剣心』 『るろうに剣心』 『るろうに剣心』
──大友監督をはじめ、大河ドラマ「龍馬伝」からのスタッフ・キャストが多かったですね。現場の雰囲気はどんな感じでしたか?
青木:とにかく面白かったです。撮影に入る前から香川(照之)さんや(蒼井)優ちゃん、タケ(佐藤健)とよくご飯に行っていましたけど、いざ現場に入って衣装を着けてカメラがまわると、改めて「あ、そうそう、これだこれだ」っていう感覚が甦ってきましたね。作品も違うし監督の意識もそれぞれの役柄も違うけど、「そう、これこれ、アドレナリンが出るんだよね」って(笑)。“アドレナリン”がどういうものか、この現場で知りましたよ。アクションシーンで体を動かしていると出てくるんですけど、結構、トローッとしてるんです(笑)。監督が、エネルギーを凄いレベルまで昇華してくれるので、面白かったです。
──アクションシーンは大変でしたか?斬馬刀も振り回していましたが…
青木:最初にカメラテストで斬馬刀を担いだ時に、監督が「バカっぽくていいね」って言っていました(笑)。実用的な武器じゃないから、それこそ“喧嘩屋”ですよね。劇中で持っていた斬馬刀でも相当重たかったので、結構な反動はあるし、腰に力を入れないと動かなかったので、慣れるまでは相当時間を割いてアクションチームのお世話になりました。

戌亥番神(須藤元気)とのアクションシーンでは、大怪我はもちろんないけど、細かい傷やアザはできました。やはり死闘ですから、自分の体に負荷をかけないと、気持ちも盛り上がらない。これは今までにない楽しみでしたね。
──青木さんの左之助は、ギラギラとした男っぽい格好良さがありました。左之助をどんな人物像として捉えていましたか?
青木:ほかの漫画でも言えるのは、心には色々思うことあっても、主人公と目的を一緒にして歩んでいく、妙に心強い仲間って存在していて、そのイメージは常に意識していました。それぞれの立ち位置があるので、剣心が素早い動きで戦うなら、それとは違った戦い方をするとか、かたや表情を出さないクールな主人公だったら、こっちは熱血漢で行くとか。そんな漫画のセオリーも意識していましたね。

左之助は、あまり格好付けない男で、腹に何かためないというか、たまらなくて思ったことは直ぐに言っちゃう。情熱的だけど、たぶん女性の気持ちとか分かんないタイプですね。でも、仲間のために力を貸すとか曲がったことが嫌いとか、直情的で気持ちいい奴だと思うので、僕は好きです。それが体現できていたなら嬉しいですね。
──普段の青木さんと近い部分はありましたか?役にはすんなりと入りましたか?
青木:どうでしょう…。あまり考えなかったけど、一部はあるんじゃないですかね。現場に入ってその世界観に身を任せると、そんな感じは出ますから。あと、みんなで焼き肉ばっかり食ってましたから、ギラギラしてたかも(笑)。
──劇中では、剣心に興味をもったらガツガツとアタックするというか…
青木:そこは、もうちょっと相手の事を考えますね(笑)。食事中に急にケンカをふっかけたりしませんから。僕ならちゃんと「ごちそうさま」してからにしますよ(笑)。
──もし青木さんが剣心のいる時代に住んでいたら、どんな風に生きていましたか?
青木:たぶん、綺麗で大っきい大根を育てていると思う(笑)。生きるか死ぬかの世界で、血とか見たくないですね。農業をやってて、ツヤッツヤの大根を育てることに生き甲斐を見出していると思います(笑)。
──今後はどんな役柄を演じてみたいですか?
青木:あまり考えてないですけど、人間以外とか(笑)。この“雪の宿”(手元にあったせんべい)を演じろ!とか言われたら面白そうじゃないですか(笑)。「違う!全然“雪の宿”じゃない!それ“ホームパイ”や!」とか言われながら(笑)。全然ワケの分からない役柄でも、流れに身を任せて演じたいですね!
るろうに剣心
──それは楽しみにしています(笑)!ところで、『るろうに剣心』は、世界公開へ向けての動きもありますね。
青木:原作コミックが海を渡っている時点で、映画もその可能性があるわけですから、嬉しいですね。美術や装飾、世界観、映像も、ただの“チャンチャンバラバラ”な日本映画じゃない。ハリウッド資本でやったとしてもここまでの造詣は出来ないでしょうし、そういうプライドの中で作られた作品でもあります。“ちょんまげ”しか知らない人がこの映画を観たら面白いと思うし、海外にも全然通用する。評価がなかったら向こうが悪いと思いますよ。こっちはしっかり自分たちの生きてきた土壌の表現ができているわけだから。賞とかはわからないけど、とにかくたくさんの人に観て欲しいですね。
──最後に、この映画を楽しみにしている方へ、見どころやメッセージをお願いします。
青木:これまでにない日本映画だと思っています。タケ(佐藤健)の世代、俺の世代、江口さんや香川さんの世代、それぞれのキャラクターの色気や男気が出ていると思います。あと、“画”の強さも感じてもらえたら嬉しいです。
2012年8月8日
『るろうに剣心』
2012年8月25日公開
公式サイト:http://www.rurouni-kenshin.jp