ニュース&レポート

『サムライフ』森谷監督「頑張る先生の話を観てもらって今の若い人たちの勇気になれば」

サムライフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
元高校教師が全財産725円で理想の学校を作るため奔走した実話を描いた『サムライフ』の森谷雄監督が、夢のために一直線な主人公の姿を観て勇気を得てほしいと想いを語った。
『サムライフ』森谷監督「頑張る先生の話を観てもらって今の若い人たちの勇気になれば」

高校教師を辞め、長野県上田市に「認定NPO法人 侍学園スクオーラ・今人」を開校するまでを描いた長岡秀貴の自伝の実写映画化。「僕も教師を目指していたんですよ」と言う森谷監督は、映画化の理由をこう明かす。「でも、この長岡先生みたいなことは、俺には無理だなって、思わされた。こんな人がいるんだから、この人がやったこと、この人が目指していること、実際に造った学校とか、コンセプトとか、そういったものをより多くの人に知ってもらおうという想いが映画化のきっかけです」

本のタイトル(もちろん映画のタイトルでもある)「サムライフ」は、侍の学園、侍のイキザマみたいな意味を込めて付いているという。森谷監督も、その理由に共鳴した。「坂本竜馬とか、活躍したのが20代とかなわけですよ。じゃ、いまの20代がそういう生きかたをできるかと言えばそうじゃないですよね。若い子たちにもこういう生きかたをしてる人、そういう風に生きる力を次の若い人たちに持ってもらおうと頑張る先生の話を観てもらって、ちょっと勇気がわいてくれればと思いました」

「学校をつくる!」という夢を追い続ける主人公ナガオカと4人の仲間たち。学校開校に向け、本気で挑戦した若者たちの物語を描いた『サムライフ』。無鉄砲だが、その真っ直ぐな想いで駆け抜けていく若者たちの姿に人生のヒントがある!

『サムライフ』 発売中
【ブルーレイ】⇒¥5,000+税
【DVD】⇒¥4,000+税
【特典映像】(予定)
●未公開シーン●メイキング●舞台挨拶
【封入特典】(予定)
ブックレット

発売元:アットムービー 販売元:ポニーキャニオン
(C) 2015 「サムライフ」製作委員会
http://samulife.ponycanyon.co.jp/
2015年8月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『サムライフ』
2015年2月28日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次、2月7日(土)TOHOシネマズ上田ほか長野先行公開
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/samulife/