ニュース&レポート

アリシア・ヴィキャンデル『世界の涯ての鼓動』インタビュー動画到着

世界の涯ての鼓動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』のヴィム・ヴェンダース監督最新作『世界の涯ての鼓動』が、8月2日よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開。本作で生物数学者のダニーを演じるアリシア・ヴィキャンデルのインタビュー動画が解禁された。
「相手の信念を理解し、すべてを含めて愛することを教えてくれる作品」インタビュー動画
ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニー(アリシア・ヴィキャンデル)とジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦停止に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか──?

カンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いた『パリ、テキサス』、監督賞を受賞した『ベルリン・天使の詩』など、映画史に永遠に刻まれる傑作を世に送り出し続けるヴィム・ヴェンダース監督の待望の最新作『世界の涯ての鼓動』は、世界の果てと涯てに引き裂かれた恋人たちを描く、狂おしくも切ないラブサスペンス。

本作で生物数学者のダニーを演じるアリシア・ヴィキャンデルは、作品について「「私にとって特別なものだったの。新しい世界の扉を開いてくれたしラブストーリーとしてもすばらしかった。この物語が教えてくれるのは、知的な挑戦を忘れずにいることよ。そして 運命の出会いについても描かれている。本作を観た人はあとで誰かと語り合いたくなるはず。でもこの物語はただ、誰かと恋に落ちるという話じゃないの。相手の信念を理解し、すべてを含めて愛することを教えてくれる作品よ」とコメント。

脚本についても「脚本のエリン・ディグナムはすばらしい仕事をしたわ。ストーリー全体が見事につながっているの。きっと壮大なスケールの映像が画面を飾ることになると思うわ」。そして「確実に言えるのは、今までに見たことのない斬新な作品になるということ。なんといってもヴェンダース監督と彼のスタッフによる作品よ。おまけにジェームズも出てる。出演できて本当にうれしいわ」と語っている。

2019年8月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『世界の涯ての鼓動』
2019年8月2日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開
公式サイト:http://kodou-movie.jp