ニュース&レポート

エル・ファニング『SUPER 8/スーパーエイト』 オフィシャルインタビュー

SUPER 8/スーパーエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
スティーブン・スピルバーグ製作、J.J.エイブラムスが脚本・監督を務めたSF超大作『スーパーエイト』。1979年、映画撮影中の子供たちが遭遇した列車事故を皮切りに、不可解な事件に巻き込まれていく街の様子と、真実を探しにいく子供たちの永遠に忘れられない未知との出会いを描いた感動作。本作のヒロイン・アリスを演じるのは、2歳で映画『アイ・アム・サム』でデビューし、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や『SOMEWHERE』に出演、13歳ながらも確実にキャリアを積み重ねているエル・ファニング。そんなエルのオフィシャルインタビューが到着しました!
映画『SUPER 8/スーパーエイト』エル・ファニング オフィシャルインタビュー
映画『スーパーエイト』 映画『スーパーエイト』 映画『スーパーエイト』 映画『スーパーエイト』 映画『スーパーエイト』 映画『スーパーエイト』 映画『スーパーエイト』
──『SUPER 8/スーパーエイト』のストーリーについて教えてください。
エル:『スーパーエイト』は子どもたちが主役なの。正確には男の子の集団と私ね。舞台はオハイオの小さな町で時代設定は1979年。私たちは事件とは無縁の町に住んでいたんだけど、ある日、スーパー8カメラで映画撮影をして遊んでいたら、トラックと貨物列車の衝突事故に遭遇するの。この事件がみんなの生活を揺さぶり、すべてを変えてしまう。でも、これをきっかけに、私たちは結束していくのよ。
──ヒロインのアリスを演じてみていかがでしたか?
エル:暇を持て余しているアリスに、男の子たちが声をかけるの。「ねえ、僕らの映画に出ない?」って。彼女は軽く引き受けてしまって、事件に遭遇する。だから撮影に参加したことを後悔する。

アリスはおてんばな女の子で、そこは私と似ているんだけど、まったく違うところは彼女の家庭環境ね。父親は酒びたりで、母親は幼い頃に家族のもとを離れていて、姉妹もいない。でも、私には映画界で活躍している姉(ダコタ・ファニング)と素晴らしい家族がある。そこは私と正反対ね。
──アリスとジョーの関係がとても素敵ですよね。
エル:ジョーとは学校の廊下ですれ違う程度の友だちで、彼が私に好意をもっているなんて知らないの。だけど、今回の事件をきっかけにお互いについて知り、彼を好きになっていくのよ。すごく劇的よね。

"ジョーのお母さんの8ミリフィルムを彼と一緒に観ているシーン"が一番印象に残っているわ。私たちはこの作品でいろいろな感情を経験したけど、このシーンはとりわけドラマチックで悲しくて…。胸がキュンと切なくなったわ。
──現場の雰囲気はいかがでしたか?
エル:初日はいつも緊張するわ。セットはどれも違うし、初めて会う人たちばかりだからドキドキしちゃうの。でも、初日の緊張さえ乗り越えれば、不安はすべて消え去ってしまう。撮影が終わる頃には全員が顔見知りになり、家族のように思えて別れがつらくなるほどよ。

この映画はジョーを演じたジョエル・コートニーの俳優デビュー作で、私もこんなスケールの大きな映画は経験したことがなかった。スタッフは大人数だし、爆発もあるし、とってもエキサイティングでクレージーな現場だった。私を含む同年代の俳優たちはみんな「これって現実かな?」って、まるで夢を見ているような気持ちで仕事をしていたわ。
──男の子たちに囲まれて、ただ一人の女の子でいるのはどうでしたか?
エル:よく笑わせてもらったわ。皆とても愉快な人達だからすごく楽しかった。オーディションで初めてみんなと会った瞬間からすごく気が合ったの。これからもずっと友だちでいられるだろうし、この映画を見る人たちにもそれを感じてもらえると思うわ。
──最後に映画の見所について教えてください。
エル:この映画はアクションも満載だし、女の子に対する男の子の恋心も描かれているの。子供から大人まで楽しめる素晴らしい作品よ。

そして、(本編終了後の)エンドロールには、私たちが(劇中で)撮影した8ミリ映画『The Case』が流れるの! テーマはゾンビ映画だと決まっていたし、J.J.もアイデアを出したけど、主に私たちがセリフを書き、アングルを決め、各シーンを演出して完成させたのよ。ホーム・ムービーならではの手作り感あふれる楽しい映像に仕上がっているわ。私のお気に入りは、模型の電車が出てくるシーンよ。すごくクールなの! だから、本編が終わっても席を立たないでね!
2011年6月20日
『SUPER 8/スーパーエイト』
2011年6月24日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.super8-movie.jp/