ニュース&レポート

二度とこんなことが起こらないように ── 『天命の城』ファン・ドンヒョク監督インタビュー

天命の城

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1636年「丙子の役」により孤立無援となった朝鮮国王・仁祖と大臣たちの、一国の存亡をかけた47日間の闘いを描いた歴史大作『天命の城』が、6月22日(金)より公開。王と民が生き延びることを第一に考え和平交渉を主張する吏曹大臣チェ・ミョンギル役にイ・ビョンホン。大儀と名誉を重んじ最後まで戦うことを主張する礼曹大臣キム・サンホン役に、『チェイサー』『哀しき獣』のキム・ユンソク。2人の大臣の対立の中で決断を迫られる朝鮮国王・仁祖にはパク・ヘイル、山城の鍛冶屋役にコ・スと、韓国映画界を代表する俳優陣が揃う。監督を務めたのは、衝撃の実話を描き出し韓国で社会現象を巻き起こした『トガニ 幼き瞳の告発』やアジア諸国で愛され、大ヒットとなった『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク。映画の公開を前に、メガホンをとったファン・ドンヒョク監督にお話を伺いました。
──「丙子の乱」を題材にしたのは何故ですか?
監督:もともと「丙子の乱」について具体的なことはよく知りませんでしたが、キム・フンさんの小説を読んで、南漢山城の内外で何が起こったのかを新たに知りました。そして小説の中の人物描写、会話に見事な深みがあり、美しい物語として描かれていたので、それに魅了されて映画を撮りたいと思いました。
──「丙子の乱」をよく知らなかったと仰いましたが、韓国ではどんな位置づけになっているのですか?
監督:一般的には「朝鮮が清から侵略を受けて戦った」というくらいで、私も高校の時に授業で習いましたが、「最終的に王が城を出て三田渡で降伏した」といううわべだけをなぞる、断片的な事しか分からなかった。今ではそれさえも知る人は少ないかもしれません。これには大きな理由があります。なんと言ってもこれは韓国にとって本当に屈辱の歴史ですし、敗北した戦。朝鮮の歴史の中でも最も恥ずかしいと思えるような事件だった。だからこそ広く知らせようとしなかったし、深く知ろうとも思わなかったんだと思う。一方で、「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)」は李舜臣(イ・スンシン)という英雄とされる将軍がいたし、勝った部分もあるので、小説やドラマに取り上げられやすく、知る人も多い。「丙子の乱」がこれまであまり扱われなかったのは、そういった背景があるんだと思います。
──物語は、王の選択を肯定するでも否定するでもなく、ただこの時代に生きてこの問題に直面した人々の苦悩と選択を描いていたと思います。屈辱の歴史というのもあり、勝利のカタルシスがないという面でも、観客にどう受け取られるか、どう描くべきか悩みましたか?
監督:この映画を観た観客は、きっと憂鬱になりもどかしさや悲しみ、そして怒りを感じると思っていました。逆に言うと、そうじゃなければ韓国人じゃないと思いました(笑)。私が個人的に願っていたのは、そういったもどかしさや悲しみ、怒りを感じたことによって、今後、さらに良い国を作るためにどうしたらいいのか話し合って欲しいと思いました。「こんな映画は観たくない」というのではなく、観ていただいて、二度とこんなことが起こらないようにするにはどうするべきか、考える出発点になって欲しいという気持ちが強かった。結果的には、半分は成功したかなと思います。
──イ・ビョンホンさん、キム・ユンソクさん、パク・ヘイルさんなど錚々たる面々が揃いました。キャラクターに対する人選など苦労されましたか?
監督:実は、崔鳴吉(チェ・ミョンギル)役のイ・ビョンホンさん、金尚憲(キム・サンホン)役のキム・ユンソクさん、仁祖(インジョ)役のパク・ヘイルさん、3人とも、最初は断られて、説得するのに時間がかかりました(笑)。ビョンホンさんとユンソクさんは、実際にお会いして、自分がどんな意図でこの作品を作りたいのか、どんな作品を目指しているのかを説明し、改めてシナリオを修正して渡して説得し、キャスティングすることが出来ました。パク・ヘイルさんは、2回断られて、その後さらに説得してようやくOKをもらいました。キャスティングは簡単ではありませんでした。
──イ・ビョンホンさんが演じたチェ・ミョンギルは、終始一貫して平和を重んじ静かに和睦を唱えるキャラクターでしたが、キム・ユンソクさんが演じたキム・サンホンは、冒頭で残酷な面を見せたかと思えば、引き取った少女に見せる優しさ、鍛冶屋との交流など色んな顔がありました。
監督:キム・フンさんの小説自体が、そういった描写でした。キム・サンホンは平民とも交流する振れ幅の広い、興味深いキャラクターです。登場人物のなかで一番変化が大きく、物語の最初と最後では一番印象が変わっているのが彼です。インジョもチェ・ミョンギルも、鍛冶屋のナルセも多少は変化するけど、ほぼ同じ立ち位置のままで、サンホンだけが唯一変化が激しい。自分が守ろうとする大義名分に挑戦的で積極的な人物で、船乗りを殺して罪の意識を感じ、自分なりに悟りを開いて最後には自分の身を投げ出す。観客にとっても一番感情移入しやすい人物です。彼と同じ情熱を持った俳優を思い浮かべた時に、キム・ユンソクさんが一番適任だと思いました。

一方、チェ・ミョンギルは静かな水面のような存在で、あまり自分の主張をひけらかすこともせずに自分の感情を維持する。キム・サンホンに比べると平面的で少し退屈に見えるかもしれません。だからこそ、ビョンホンさんに演じてもらいたかったんです。説得力のある言動と、静かな中にも微妙な心の動きを表現しなければならない。ビョンホンさんじゃなければ、単純なキャラクターになっていたでしょう。
──最後の方でチェ・ミョンギルとキム・サンホンが対立するシーン。言葉の応酬でしたが、とても緊張感漂う素晴らしいシーンでした。
監督:4分以上のロングテイクだったので、最初から最後まで切らずに撮れるように、カメラを色んな角度でセッティングしました。今は使われていない言葉遣いも多かったので、台詞の正確性も保ちながら感情を込めるのは難しかったと思いますが、2人とも小説からそのままキャラクターとして出てきたかのような演技をしてくれて、撮影しながら常に感嘆していました。
──今作の登場人物は男性ばかりでしたが、現場での雰囲気はいかがでしたか?
監督:男同士でもこんなにおしゃべりするのかと思うほど、楽しくて面白い現場でした(笑)。カメラが回っていな時は雑談していましたが、撮影が始まると皆が役に集中して、話すのを控えて自分の感情を作っていました。映画を観ると、激しく対立しているように見えますが、現場の雰囲気はとても良かったです。
──音楽は、日本から坂本龍一さんが参加しています。
監督:『ラストエンペラー』を観た時から坂本さんの音楽が大好きでした。いつか自分が映画監督になったら、坂本さんに音楽をお願いしたいと思っていましたが、ついに叶いました。ちょうどこの映画に取りかかろうとした時に、『レヴェナント: 蘇えりし者』が公開され、坂本さんが闘病から復帰されたことを知り、お願いしたら快く引き受けてくださったのです。

実は、最初に坂本さんが作ってくれた音楽を聞いたとき、ちょっとイメージと違うかな…と思い、2回お断りしたんです。するとメールで返信があり、「僕の音楽を2回も断ったのは、『ラストエンペラー』のベルナルド・ベルトルッチ以来始めてです」と書かれていました。怒られたかな…と思ったんですが、「僕もベルトルッチ監督と同じレベルなのか!」と、自分に言い聞かせて、ちょっと嬉しくなりました(笑)。その次にいただいたのが、映画で使われている音楽です。
──この映画は、政治外交の矢面に立つもの、見守るもの、翻弄されるもの、それぞれの心情が理解できる作品だと思います。戦うのか和平なのか、何が正しいのか、まさに昨今の東アジアの情勢にも重なるかと思いますが、結論を出すのが難しい問題です。
監督:今回、この作品を通して何かを伝えたいというよりも、何かを考えてもらえる作品を作りたいと思っていました。何が正しくて何が間違っているのか、本当に結論を出すのは難しいです。結論や正解を出すとしても、時代や国によって答えも違いますよね。観た人が、自分が置かれた時代や状況と照らし合わせて、今の自分に何が出来るのか、何を語ったらいいのかを、話し合ってもらいたいです。
今、韓国も日本も中国もいろんな状況を抱えて大変な時期にありますが、国の次元だけでなく、個人の次元でも言えることです。目の前にある問題に対して、どんな選択をしたら良いのか。実利を優先して今は耐え忍ぶか、屈辱的な道を辿るよりもずばり切り込んでいくのか、個人のレベルでも色んな状況と選択肢があると思うので、自分だったらどうするのか考えるきっかけになれば良いなと思います。

2018年6月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『天命の城』
2018年6月22日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
公式サイト:http://tenmeinoshiro.com/