009 RE:CYBORG

石ノ森章太郎の傑作漫画を『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治監督が映画化

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

2012年 日本

監督:

神山健治

配給:

Production I.G/ティ・ジョイ

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://www.ph9.jp

公開日:2012-10-27

2012年10月27日(土)全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2013年。ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨーク、上海…大都市の超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意思で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックに陥れていた。かつて世界が危機に陥るたびに、人々を救った9人のサイボーグ戦士がいた。その役目を終え、各々の故国に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグは生みの親であるギルモア博士からの呼びかけによって、再び再結集しようとしていた。一方、リーダーである日本人、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消し、東京・六本木でひとり暮らしていた。ゼロゼロナンバーサイボーグ最後の切り札であるジョーは、ギルモア博士によって30年間、3年に一度、記憶をリセットされ高校3年間を繰り返していたのだった…。

単行本発行部数1000万部を超える、SF・サイボーグマンガの金字塔「サイボーグ009」。石ノ森章太郎が終わらせることが出来なかった未完の傑作を、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』の神山健治が自ら脚本・監督を担当し、完全オリジナルストーリーでアニメーション映画化。メインスタッフは、これまで神山健治監督作品を手がけてきた、アニメーション界最高峰のクリエイターが結集。キャラクター&アニメーションを、日本のほこる2Dセルアニメーションの形式をとりながら、全てフル3DCGIアニメーションで制作。ボイスキャストに宮野真守、玉川砂記子、小野大輔をはじめトップクラスの声優陣が結集する。

監督:神山健治、出演:宮野真守,小野大輔,斎藤千和