1987、ある闘いの真実

キム・ユンソク×ハ・ジョンウ共演、韓国民主化闘争を描く衝撃の実話

1987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実

1987 WHEN THE DAY COMES 2017年 韓国 129分

配給:

ツイン

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-09-08

2018年9月8日(土)シネマート新宿ほか、全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていた──。

1987年、軍事政権下の韓国を舞台に、一人の大学生の死がやがて韓国全土を巻き込む民主化闘争へと発展していく様を描いた衝撃作。 監督は『ファイ 悪魔に育てられた少年』のチャン・ジュナン。北分子の徹底排除に信念を燃やす南営洞警察のパク所長役にキム・ユンソク。学生の死を隠ぺいしようとする警察に対峙するチェ検事役をハ・ジョンウが演じ『哀しき獣』以来7年ぶりの共演。危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、拷問死の真相を隠蔽するために逮捕されるチョ刑事役にパク・ヒスン、看守の姪をキム・テリ。ほかにソル・ギョング、カン・ドンウォンら豪華俳優陣が出演。第54回百想芸術大賞の映画部門にて最高賞の「大賞」、脚本賞、最優秀男優賞(キム・ユンソク)、助演男優賞(パク・ヒスン)の最多4部門を受賞した。

監督:チャン・ジュナン、出演:キム・ユンソク,ハ・ジョンウ,ユ・ヘジン

予告編・特報