蟹工船

時代を超えて脚光を浴びた、プロレタリア文学の最高峰「蟹工船」が映画化

蟹工船

蟹工船

2009年 日本 109分

監督:

SABU

配給:

IMJエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.kanikosen.jp/

公開日:2009-07-04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

カムチャツカ沖で蟹をとり、船上で缶詰に加工する蟹工船・博光丸。そこでは出稼ぎ労働者たちが劣悪な環境におかれ、安い賃金で過酷な労働を強いられていた。監督・浅川(西島)は労働者を人間扱いせず、労働者たちは自分たちのおかれた不幸な境遇を語り合う日々だった。ある日、漁に出ていた新庄(松田)と塩田は博光丸からはぐれてしまい、ロシア船に救助される。そこで目にしたのは、陽気にダンスするロシア人の姿。自由な世界を目の当たりにした新庄は、博光丸に戻り、「あきらめるには、まだ早すぎる」と、一斉蜂起を呼びかけた...。

劣悪な環境で働く労働者たちの闘争を描いた小林多喜二の小説「蟹工船」を、『弾丸ランナー』のSABU監督が映画化。原作の物語の構造は残しながら、スタイリッシュな映像と独特のユーモアを武器に、現代的なアレンジを施す。蟹工船の船内で虐げられる労働者のリーダー・新庄に松田龍平、労働者を酷使する鬼監督・浅川に西島秀俊。さらに、高良健吾、新井浩文、柄本時生、映画初出演となるお笑いコンビTKOなど、個性あふれるキャストが脇を固める。

監督:SABU、出演:松田龍平,西島秀俊,高良健吾