二十六夜待ち

佐伯一麦の同名小説を井浦新×黒川芽以W主演で映画化

二十六夜待ち [DVD]

二十六夜待ち

2017年 日本 124分

監督:

越川道夫

配給:

スローラーナー/フルモテルモ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-12-23
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

由実(黒川)は、震災で何もかもを失い、今は福島県いわき市の叔母の工務店にひとり身を寄せていた。心に傷を抱える由実は、少しは外に出なければ、と叔母に促されるように路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。店の名前は「杉谷」。店主の杉谷(井浦)には謎めいたところがあった。彼は、記憶をすべて失い、失踪届も出されていなかったため、どこの誰とも分からない。はっきりしているのは、手が料理をしていたことを覚えていることだけ。今では小さな小料理屋をまかされるまでになったが、福祉課の木村(諏訪)をはじめとしたあたたかな人々に囲まれながらも、彼の心はいつも怯え、自分が何者なのか分からない孤独を抱え込んでいたのだった。孤独な、傷ついた魂を持つ杉谷と由実。ふたりは、やがて“月”と“海”がおたがいを引き寄せ合うように、その心と体を寄り添い合わせるようになるのだが…。

「還れぬ家」で第55回毎日芸術賞、「渡良瀬」で第25回伊藤整文学賞を受賞した佐伯一麦の同名小説「二十六夜待ち」(『光の闇』扶桑社刊 所収)を映画化。記憶を失った男・杉谷を井浦新、震災で何もかもを失い心に傷を抱える女性・由実を黒川芽以が演じ、長回しによるふたりの濃厚なベッドシーンも注目される。監督・脚本は、『ゲゲゲの女房』『海炭市叙景』『かぞくのくに』『夏の終り』『白河夜船』など数々のインディペンデントの佳作を製作し、監督作として『アレノ』『海辺の生と死』『月子』に続く長編4作目となる越川道夫。

監督:越川道夫、出演:井浦新,黒川芽以