ブリジット・ジョーンズの日記

全世界の働く独身女性の共感を呼んだ超ベストセラーを映画化

ブリジット・ジョーンズの日記 【プレミアム・ベスト・コレクション

ブリジット・ジョーンズの日記

BRIDGET JONES'S DIARY 2001年 アメリカ/イギリス 97分

ジャンル:

コメディ/ラブロマンス

公開日:2001-09-22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ロンドンでひとり暮らしをするブリジット・ジョーンズ(R.ゼルウィガー)32歳、独身。恋に仕事にダイエットと、せっぱ詰まった重大な悩みに、心はいつも大揺れ。体重を減らし、たばことお酒をひかえ、キャリアを積み、すてきな恋人をゲットする。そんな目標を掲げたブリジットだが、ある日、社の出版記念パーティーの司会に選ばれ、大失態を演じる。そして、彼女を優しく慰め、食事に誘うダニエル(H.グラント)。ついに恋人のいる甘く幸せな生活が始まったと思いきや、ダニエルの浮気が発覚。というか、婚約が発覚。ブリジットは会社を辞め、新しい人生をスタートさせるが…。

イギリスの新聞“インディペンデント”に連載された、ブリジット・ジョーンズの架空の日記。30代未婚の、向上心と困惑を抱える女性の象徴として瞬く間に大反響を呼び、小説化され、爆発的なヒットとなった原作を映画化。30代シングルトン(=独りで立派に生きていける独身者)、ブリジット・ジョーンズにはレニー・ゼルウイガー。ごく普通の女性たちを励まし勇気づける、不思議な存在感を持つ彼女が、体重を約6キロ増やし、30代未婚の等身大の女性ブリジットを熱演する。

監督:シャロン・マグワイア、出演:レニー・ゼルウィガー,コリン・ファース,ヒュー・グラント