3時10分、決断のとき

エルモア・レナード原作による異色西部劇をラッセル・クロウ&クリスチャン・ベイルでリメイク

3時10分、決断のとき [DVD]

3時10分、決断のとき

3:10 TO YUMA 2007年 アメリカ 122分

配給:

シナジー

ジャンル:

西部劇

公式サイト:

http://310-k.jp

公開日:2009-08-08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

元狙撃の名手で、南北戦争で片足を負傷して以来、アリゾナの小さな牧場で暮らすダン・エヴァンス(C.ベイル)。冒険譚に憧れる息子からは父親として尊敬されておらず、地主からは立ち退きを迫られ、干ばつと借金苦にあえいでいたが、必死で生活を立て直そうとしていた。ある日、町で強盗団のボス、ウェイド(R.クロウ)が捕まり、裁判のためにユマへ連行されることになった。ダンは200ドルのために危険を承知で護送役に名乗り出る。町からユマ行きの列車が出るのは三日後の午後3時10分。護送団一行は、アパッチ族や、脱走を試みるウェイド、彼を奪還しようとする一味の奇襲をうけながら次々と命を落として行くが、いつしかダンとウェイドには不思議な絆が生まれていく…。

アカデミー賞俳優ラッセル・クロウと『ターミネーター4』クリスチャン・ベイル共演。アメリカで全米初登場興行収入NO.1となり、批評家たちからの高い評価を受けた異色西部劇。エルモア・レナードの原作を映画化した『決断の3時10分』('57)を、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のジェームズ・マンゴールド監督がリメイク。意地や誇り、生き方を貫く男たちの心意気がじわりと沁みる。

監督:ジェームズ・マンゴールド、出演:ラッセル・クロウ,クリスチャン・ベイル,ピーター・フォンダ