アバウト・レイ 16歳の決断

エル・ファニング主演、トランスジェンダーの主人公とその家族を描いた希望の物語

アバウト・レイ 16歳の決断

アバウト・レイ 16歳の決断

3 GENERATIONS 2015年 アメリカ

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://aboutray16-eiga.com/

公開日:2018-02-03

2018年2月3日(土)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(E.ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(N.ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(S.サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

『リトル・ミス・サンシャイン』『サンシャイン・クリーニング』の製作チームが再び集結して贈る、愛おしい家族。16歳の主人公レイが、自分自身に正直に生きるため、悩み苦しみながらも前へと一歩踏み出す姿を描く。本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイ役に『マレフィセント』のエル・ファニング。恋多きシングルマザー・マギー役にナオミ・ワッツ、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーをスーザン・サランドンが演じる。

監督:ゲイビー・デラル、出演:ナオミ・ワッツ,エル・ファニング,スーザン・サランドン

予告編・特報