64-ロクヨン- 前編

横山秀夫原作ミステリーを佐藤浩市らオールスターキャストで映画化 前編

64-ロクヨン-前編 通常版DVD

64-ロクヨン- 前編

2016年 日本 240分

監督:

瀬々敬久

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://64-movie.jp/

公開日:2016-05-07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う──。

『半落ち』『クライマーズ・ハイ』の横山秀夫原作、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年「このミステリーがすごい!」第1位などに輝いた同名ミステリーを前後2部作で映画化。昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件に挑む主人公・三上義信に佐藤浩市。三上の部下として奔走する広報室係長・諏訪に綾野剛。諏訪と共に三上を支える広報室婦警・美雲に榮倉奈々。広報室と対立する県警記者クラブを取りまとめる東洋新聞キャップ・秋川に瑛太。ほかに永瀬正敏、三浦友和、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、などベテランから若手まで主演級の俳優陣が、いずれも物語の重要な役柄として出演する。監督は、『ヘヴンズ ストーリー』の瀬々敬久。

監督:瀬々敬久、出演:佐藤浩市,綾野剛,榮倉奈々