セブン・デイズ・イン・ハバナ

キューバの首都ハバナの7日間を7人の監督が描いた珠玉のアンソロジー

セブン・デイズ・イン・ハバナ

セブン・デイズ・イン・ハバナ

7DAYS IN HAVANA 2012年 フランス/スペイン 129分

配給:

コムストック・グループ、アルシネテラン

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.7dayshavana.com/

公開日:2012-08-04

2012年8月4日(土)より ヒューマントラストシネマ渋谷他全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

初めてハバナを訪れたアメリカ人のテディは、キューバの無秩序さに戸惑いながらも、やがて陽気なキューバ人気質を受け入れていく。情緒不安定な映画監督は、タクシーの運転手でトランペット奏者の男に奇妙な友情を覚え、歌手のセシリアはスペインへ行くべきか、恋人のためにハバナに留まるべきかで迷う。仕事でハバナにやって来たESは、徐々に自分のアイデンティティーを試されることになる。女の子と関係を持ってしまった女学生の両親は、娘にかけられた呪いを解こうと清めの儀式を頼む。女性心理学者のミルタは、仕事で忙しい日々を送りつつも、家ではキャンディを作り家計を支えている。マーサは、夢のお告げを受け、隣人たちに古ぼけて壊れかかったアパートを教会に改装するように指示する…。

“世界でもっとも美しい島”と評されるキューバの首都ハバナの7日間を、国際的に活躍する7人の監督が情緒豊かに描く、至福のアンソロジー。ハバナで暮らす人々の生、人とのつながりを通して、この都市の真髄や雰囲気、世代、文化をリアルに活写し、エネルギッシュで生き生きとした街を描きだす。『トラフィック』、『チェ』など個性派俳優ベニチオ・デル・トロが本作で監督デビューを飾るほか、ギャスパー・ノエ、パブロ・トラペロ、など個性派監督が集結。キャストには、ダニエル・ブリューリュ、エミリー・クストリッツァ、ジョシュ・ハッチャーソンらが顔を揃える。

監督:ベニチオ・デル・トロ,パブロ・トラペロ,エリア・スレイマン、出演:ダニエル・ブリュール,エミール・クストリッツァ