ナインイレヴン 運命を分けた日

チャーリー・シーン主演、米同時多発テロ事件をビル内部の視点から描いたドラマ

ナインイレヴン 運命を分けた日

ナインイレヴン 運命を分けた日

9/11 2017年 アメリカ 90分

配給:

シンカ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://nineveleven.jp

公開日:2017-09-09

2017年9月9日(土)、新宿武蔵野館、丸の内TOEI他全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2001年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す5人が極限状態で下した決断とは…。

2001年9月11日に発生しアメリカと世界に大きな衝撃をもたらした米同時多発テロ事件を題材にした舞台「エレベーター」を映画化。運命の朝にビル内部のエレベーターに閉じ込められた5人の運命を描き、現代の世界が抱えている問題―テロリズム、人種、移民、経済格差といったことから、家族の愛という人間の深部までを浮き彫りにしていく。主人公のジェフリー役には、ニューヨーク出身のチャーリー・シーン。閉じ込められた5人を励まし続けるメッツィー役にウーピー・ゴールドバーグ。ほかにジーナ・ガーションが、ルイス・ガスマン、ウッド・ハリス、オルガ・フォンダ、ジャクリーン・ビセットが出演する。監督は、『アイ・ソウ・ザ・デビル〜目撃者〜』でメガホンをとり作曲家でもあるマルティン・ギギ。

監督:マルティン・ギギ、出演:チャーリー・シーン,ウーピー・ゴールドバーグ,ジーナ・ガーション

予告編・特報