愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1

ふたりの男の間で漂うように生きる女性を描いたドラマ

愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1

愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1

2019年 日本 106分

監督:

越川道夫

配給:

コピアポア・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://aireki2019.com

公開日:2019-10-19

2019年10月19日(土)より新宿K’s cinema ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

癒えない悲しみを抱え、人の間を漂うように生きてきたユリは、小さな古本屋にたどり着き、店主・トモさんの妻になる。トモさんは、亡くなった前の妻のことを毎日思い出す一方で、今はユリがいない生活は考えられない。同じ頃、トモの幼馴染で父を亡くしたリュウタは、遺品の中にとある詩集を発見する。ユリとリュウタはどうしようもなく惹かれ合い、求め合うが、それはユリがトモさんのもとを去ることを意味していた……。

『海辺の生と死』『アレノ』『二十六夜待ち』など男女の濃密なひとときを描いてきた越川道夫監督が、新たに取り組む“誰でもない恋人たちの風景”シリーズの第一弾作品。ドイツの詩人・ゲーテが晩年、若い人妻マリアンヌと恋人関係になり、のちに傑作「西東詩集」の核をなすことになる愛の詩を共作したエピソードから着想を得て、新たな愛の物語を作り上げた。主人公のユリを演じるのは瀬戸かほ。ユリの年上の夫・トモさん役には宇野祥平。ユリが恋に落ちる夫の幼馴染・リュウタを深水元基が演じる。

監督:越川道夫、出演:瀬戸かほ,宇野祥平,深水元基

予告編・特報