亜人 -衝動-

累計発行部数390万部突破、桜井画門原作の人気漫画を3部作で劇場アニメ化

亜人 -衝動-

亜人 -衝動-

2015年 日本 106分

監督:

安藤裕章

総監督:

瀬下寛之

配給:

東宝映像事業部

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://www.ajin.net

公開日:2015-11-27

2015年11月27日(金)より TOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

どのような状況下で死亡しようとも即座に身体を再生し、完璧な状態で復活する“亜人”。17年前に米軍によって拿捕されてから、世界で46体、日本では2体が確認された。高校生・永井圭は、下校中トラックによる追突され死亡するが、直後に蘇生。国内3例目の亜人であることが判明し、警察及び亜人管理委員会、賞金を狙うすべての人間から追われる身となる。山奥へと逃げ込んだ圭は、幼なじみの少年・海斗の力を借り、警察の包囲網を突破。さらなる逃走を図る。同刻、日本国の管理下にあった2例目の亜人・田中が、“帽子”と呼ばれる男の幇助により脱走し、人類へのテロ活動を開始した。亜人管理委員会の責任者・戸崎は、手がかりとなる圭の妹・永井慧理子に目を付ける。だが、そこにはすでに人類への復讐を誓う別の亜人とIBMと呼ばれる謎の黒い物体が侵入していた…。

決して死なない新種の人類“亜人”と、それを追う日本国政府の戦いを、本格的なアクションと緻密な心理描写で描き、累計発行部数が320万部を突破した人気コミックを3部作で映画化。総監督・監督には、「シドニアの騎士」の瀬下寛之と安藤裕章が担当。脚本には「進撃の巨人」の瀬古浩司を迎え、亜人を巡る極限の戦い、そして魅力的なキャラクターたちの葛藤を余すところなく表現する。

監督:安藤裕章、出演:宮野真守,細谷佳正,大塚芳忠