悪の教典

貴志祐介原作のベストセラー・ミステリーを三池監督&伊藤英明主演で映画化

悪の教典

悪の教典

2012年 日本

監督:

三池崇史

配給:

東宝

ジャンル:

ミステリー

公開日:2012-11-10

2012年11月10日(土)全国東宝系ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

蓮実聖司(伊藤)は、生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く「教師の鑑」とも呼べる存在だが、それはすべて仮面に過ぎない。彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパスだったのだ。蓮実は自らの目的のためには、それが最善の策であれば、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。そして、いつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈してしまう。それを隠滅するために考えた蓮実の解決策。それは、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。

『黒い家』『青の炎』『鍵のかかった部屋』などで知られる貴志祐介原作、「このミステリーがすごい!」と「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位を獲得した禁断の小説を、鬼才・三池崇史監督で映画化。とある高校を舞台に、生まれながらのサイコパスでありながら教師となった男が巻き起こす未曾有の惨劇を描く。最凶最悪の主人公“ハスミン”を演じるのは、『海猿』シリーズの伊藤英明。生徒役には『ヒミズ』の染谷将太と二階堂ふみ、そして、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈など、若き才能たちが集結する。

監督:三池崇史、出演:伊藤英明,二階堂ふみ,染谷将太