エイリアン:コヴェナント

シリーズ生みの親 リドリー・スコットが描く“エイリアン誕生”の秘密

エイリアン:コヴェナント

エイリアン:コヴェナント

ALIEN: COVENANT 2017年 アメリカ

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

サスペンス/SF

公開日:2017-09-15

2017年9月15日(金) 全国公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

人類初の大規模な宇宙への移住計画のため、滅びゆく地球を旅立った宇宙船コヴェナント号は、コールドスリープ中の2000人の入植者を乗せ、移住先の惑星オリガエ-6を目指していた。その航行の途中、大事故に見舞われたコヴェナント号は女性の歌声が混じった謎の電波をキャッチし、発信元である惑星へ向かう。その神秘的な惑星は、女性乗組員ダニエルズにとっても、人類の新たな希望の地に思えた。はたしてダニエルズの前に現れた完全な知能を持つアンドロイドは敵か、それとも味方か。そしてエイリアン誕生をめぐる驚愕の真実とは何なのか。コヴェナント号にもエイリアンの脅威が迫るなか、ダニエルズは哀しみを乗り越え、あまりにも過酷な運命に立ち向かっていくのだった…。

広大な宇宙を舞台に、“完璧な生命体”との遭遇を描き、映画史上に金字塔を打ち立てた『エイリアン』。ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャーといったヒットメーカーを輩出した伝説的なシリーズの創造主、リドリー・スコットが自らメガホンを執った新作は、『プロメテウス』の続編にして、ついに“エイリアン誕生”の秘密が解き明かされる衝撃的な物語。滅びゆく地球を後にして、宇宙の楽園を発見したはずの移住船クルーが、未知の新種エイリアンと壮絶な死闘を繰り広げる。主人公ダニエルズにキャサリン・ウォーターストン。プロメテウス号乗組員の生き残りである“アンドロイド”にマイケル・ファスベンダー、主人公ダニエルズの夫で船長のジェイコブをジェームズ・フランコが演じる。

監督:リドリー・スコット、出演:マイケル・ファスベンダー,キャサリン・ウォーターストン

予告編・特報