アリータ:バトル・エンジェル

日本発・伝説のSFコミック「銃夢」をJ・キャメロン製作・脚本により映画化

アリータ:バトル・エンジェル

アリータ:バトル・エンジェル

ALITA: BATTLE ANGEL 2018年 アメリカ

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

アクション/SF

公開日:2019-02-22

2019年2月22日(金)公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は300年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな機械の身体を与え、アリータと名付けて成長を見守る。ある日、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が300年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る。

SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界17の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」を、巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本により映画化。主人公でサイボーグの少女アリータを全編パフォーマンス・キャプチャーで演じるのはローサ・サラザール。アリータの父親代わりのサイバー医師イド役にクリストフ・ヴァルツ。ほかにジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリが出演。監督は、『シン・シティ』『スパイ・キッズ』のロバート・ロドリゲス。

監督:ロバート・ロドリゲス、出演:ローサ・サラザール,クリストフ・ヴァルツ,ジェニファー・コネリー

予告編・特報