アマンダと僕

東京国際映画祭 東京グランプリ&最優秀脚本賞をW受賞したフランス映画

アマンダと僕

アマンダと僕

AMANDA 2018年 フランス 107分

配給:

ビターズ・エンド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-06-22

2019年6月22日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッドは、パリにやってきた美しい女性レナと出会い、恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたが―突然の悲劇で大切な姉が亡くなり、ダヴィッドは悲しみに暮れる。彼は、身寄りがなくひとりぼっちになってしまった姪アマンダの世話を引き受けることに…。若いダヴィッドには親代わりになるのは荷が重く、アマンダは母親の死を理解できずにいた。しかし、消えない悲しみを抱えながらも二人の間に少しずつ絆が芽生えはじめる―。

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジック・ランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いたヒューマン・ドラマ。美しいパリの街を舞台に、悲しみを乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく紡ぐ。主演は、フランスの若手俳優 ヴァンサン・ラコスト。恋人役には『グッバイ・ゴダール!』のステイシー・マーティン、そしてアマンダ役には、今作が演技初経験となるイゾール・ミュルトリエが好演している。

監督:ミカエル・アース、出演:ヴァンサン・ラコスト,イゾール・ミュルトリエ,ステイシー・マーティン

予告編・特報