怪物はささやく

英ベストセラーを映画化、少年と怪物の魂の駆け引きを描くダークファンタジー

怪物はささやく

怪物はささやく

A MONSTER CALLS 2016年 アメリカ/スペイン 109分

監督:

J.A.バヨナ

配給:

ギャガ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://gaga.ne.jp/kaibutsu/

公開日:2017-06-09

2017年6月9日(金)TOHO シネマズ みゆき座他にて全国公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

13歳の少年コナーは、難しい病を抱えた母親と二人で裏窓から教会の墓地がみえる家に住み、毎夜悪夢にうなされていた。ある夜、コナーのもとに怪物がやって来て告げる。「今から、私はお前に3つの【真実の物語】を話す。4つ目の物語は、お前が話せ。」しかも怪物は、コナーが隠している“真実”を語れと迫るのだ。頑なに拒むコナー。しかしコナーの抵抗など意にも介さず、その日を境に夜ごと怪物は現れ物語の幕が上がるのだが―。

47歳で逝去したイギリスの作家シヴォーン・ダウドの未完の遺作を、パトリック・ネスが引き継ぎ完成させ、英国史上初のカーネギー賞とケイト・グリーナウェイ賞のW受賞をいう快挙を果たしたベストセラー小説を映画化。真夜中に現れ意外な結末の物語を語る怪物と、心の奥に秘密を隠した少年の奇妙な駆け引きを描いたダークファンタジー。主人公の少年には『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』で脚光を浴びた新星ルイス・マクドゥーガル、その他、母役にはフェリシティ・ジョーンズ、祖母役にはシガニー・ウィーバー、怪物の声をリーアム・ニーソンが演じ、モーションキャプチャーにも挑戦。2016年スペインのゴヤ賞で最多9部門を受賞した。

監督:J.A.バヨナ、出演:ルイス・マクドゥーガル,フェリシティ・ジョーンズ,シガニー・ウィーバー

予告編・特報