愛、アムール

誰にでも訪れる‘老い’と‘死’をテーマに名匠ハネケ監督が鋭く描いた夫婦の愛の物語

愛、アムール

愛、アムール

AMOUR 2012年

配給:

ロングライド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-03-09

2013年3月9日(土)より、Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館 他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

パリの高級アパートで穏やかに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。アンヌが病に倒れたことから、日常が一変する。麻痺の残る身体となり自宅に戻ったが、変わり果てた姿を見られたくないと、閉じこもりがちになるアンヌ。病状は確実に悪化し、心さえも失っていく。長年連れ添い、アンヌを愛しているがゆえに、その意思を尊重し、自宅で世話を続けるジョルジュだったが、意志の疎通もままならなくなったアンヌとの生活に徐々に追い詰められていく…。

『ファニーゲーム』『ピアニスト』のミヒャエル・ハネケ監督が、パリを舞台にひと組の老夫婦の「愛の終末」を描いたドラマ。夫ジョルジュを演じるのは、1966年の世界的ヒット作『男と女』に主演したジャン=ルイ・トランティニャン。妻アンヌには、戦後の広島を舞台にしたアラン・レネ監督の『二十四時間の情事』でヒロインを演じたエマニュエル・リヴァ。カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞し、第70回ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞受賞、第66回英国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞、主演女優賞受賞、米国アカデミー賞でも、最優秀外国語映画賞を受賞した。

監督:ミヒャエル・ハネケ、出演:ジャン=ルイ・トランティニャン,エマニュエル・リヴァ,イザベル・ユベール