エンド・オブ・ステイツ

ジェラルド・バトラーのアクション映画『エンド・オブ・〜』シリーズ第3弾

エンド・オブ・ステイツ

エンド・オブ・ステイツ

ANGEL HAS FALLEN 2019年 アメリカ 121分

配給:

クロックワークス

ジャンル:

アクション

公式サイト:

http://end-of-states.com/

公開日:2019-11-15

2019年11月15日(金) 新宿バルト9他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の体を蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。何者かが仕組んだ陰謀。なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。傷だらけの英雄、最後の戦いが今始まる―

ジェラルド・バトラーのアクション映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『エンド・オブ・キングダム』(2016)の続編。未曾有のテロ事件から世界を救ってきたシークレット・サービス最強の男・マイク・バニングが、今作では大統領暗殺容疑をかけられ、命を狙われながら真犯人を探す。主人公マイク・バニング役にジェラルド・バトラーが続投。モーガン・フリーマン演じるトランブルは前作の副大統領から大統領に昇格。疎遠になっていたマイクの父親・クレイを『48 時間』シリーズのニック・ノルティが演じる。

監督:リック・ローマン・ウォー、出演:ジェラルド・バトラー,モーガン・フリーマン,ジェイダ・ピンケット=スミス

予告編・特報