アナベル 死霊博物館

呪われた人形<アナベル>の恐怖を描いたサスペンスホラー映画

アナベル 死霊博物館

アナベル 死霊博物館

ANNABELLE COMES HOME 2019年 アメリカ

配給:

ワーナー・ブラザース

ジャンル:

ホラー

公開日:2019-09-20

2019年9月20日(金)全国ロードショー IMAX®,4D

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

超常現象研究家ウォーレン夫妻の家に、強烈な呪いを持つ一体の人形が運び込まれた。その人形の名は、アナベル。アナベルは地下の“博物館”で、他の呪われし品々とともに厳重に封印された。夫妻が仕事で家を空ける、ある日。娘のジュディは年上の少女のメアリー、ダニエラの3人で一夜を過ごすことに。しかし、ダニエラが“警告 決して触るな“と書かれた博物館に勝手に入り込み、アナベルの封印を解いてしまう。それは、少女たちの想像を絶する悪夢のはじまりとなった……。史上最強の呪いの力を持つアナベルが、数々の悪霊たちを呼び覚まし、呪われし品々を従え、少女たちに襲いかかる!

アメリカの超常現象研究家が実際に体験した事件を元に製作された『死霊館』(2013)に登場し、世界を恐怖のどん底に突き落とした“実在する”呪われた人形<アナベル>。そんなアナベル人形の誕生と経緯を描いた『アナベル 死霊館の人形』『アナベル 死霊人形の誕生』に続き、本作では『死霊館』シリーズではおなじみのウォーレン夫妻が登場.。『死霊館』と『アナベル』を繋ぐ重要な位置づけとなる物語が描かれる。ウォーレン夫妻を演じるのは『死霊館』シリーズ同様、パトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガ。そして、夫妻の娘であり本作の主人公ジュディを『ギフテッド』や『アイ、トーニャ』『キャプテン・マーベル』のマッケナ・グレイスが演じる。監督・脚本は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のゲイリー・ドーベルマン。製作は『死霊館』「ワイルド・スピード」シリーズのジェームズ・ワン。

監督:ゲイリー・ドーベルマン、出演:マッケナ・グレイス,マディソン・アイズマン,ケイティ・サリフ

予告編・特報