母という名の女

メキシコの気鋭ミシェル・フランコ監督が母と娘の確執を描く衝撃のミステリー

母という名の女

母という名の女

APRIL’S DAUGHTER 2017年 メキシコ 103分

配給:

彩プロ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-06-16

2018年6月16日(土)、ユーロスペースほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

海沿いの家に二人で暮らす姉妹。17歳の妹・バレリアは妊娠しており、姉・クララは離れて暮らしている母親・アブリルを電話で呼び寄せる。お腹の中の子供の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトをしていた17歳の少年・マテオ。姉妹の元に訪ねてきたアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、バレリアの不安を和らげるように接し、母親に不信感を抱いていたバレリアも徐々に母を信用し、そして無事に女の子が生まれ、カレンと名付けられる。バレリアの代わりにカレンの世話をしているうちに独占欲がアブリルの中に芽生える。カレンを自分の管理下に置こうとするアブリルに反発しはじめるバレリア。娘との関係が悪化していく中、アブリルは深い欲望を忠実に遂行していく──

『父の秘密』『或る終焉』のメキシコの気鋭ミシェル・フランコ監督が、母と娘の確執を描く衝撃のミステリー。主演はペドロ・アルモドバル監督の『ジュリエッタ』(16)のエマ・スアレス。撮影は『ホーリー・モーターズ』のイヴ・カープ。第70回カンヌ国際映画祭ではある視点部門審査員賞を受賞した。

監督:ミシェル・フランコ、出演:エマ・スアレス,アナ・バレリア・ベセリル,エンリケ・アリソン

予告編・特報