アルゴ

70年代にイランで発生した米大使館占拠事件をベン・アフレック監督が映画化

アルゴ

アルゴ

ARGO 2011年 アメリカ 120分

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

サスペンス/ドラマ

公式サイト:

http://www.argo-movie.jp

公開日:2012-10-26

2012年10月26日(金)公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取った。しかし、この混沌の中6人のアメリカ人は何とか逃げ出すことに成功し、カナダ大使の自宅に身を隠した。彼らが殺害されてしまうのは時間の問題だと知りながら、CIAの救出作戦のエキスパート、トニー・メンデス(B.アフレック)は彼らを安全に国外へと救出するための危険な作戦を思いつく。それはあまりにも意表をついたもので、映画でしか起こりえないような作戦だった…。

1979年にイランで発生した、アメリカ大使館占拠事件を映画化したサスペンス・ドラマ。6人のアメリカ人を救出するため、ウソの映画製作を企画し、彼らをスタッフに仕立てあげて出国させようとするCIAの人質救出作戦を描く。監督・主演は、『グッド・ウィル・ハンティング』でアカデミー脚本賞を受賞し、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』で監督としての評価も高いベン・アフレック。製作にはジョージ・クルーニーが名を連ねる。

監督:ベン・アフレック、出演:ベン・アフレック,アラン・アーキン,ブライアン・クライストン