ありえなさ過ぎる女 〜被告人よしえ〜

吉本・浅香あき恵が、イケメンをたぶらかす謎の女を演じた異色サスペンス

【早期購入特典あり】ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~(浅香あき恵・光宗薫プリントサイン入りポストカード付) [DVD]

ありえなさ過ぎる女 〜被告人よしえ〜

2018年 日本 83分

監督:

北村誠之

配給:

KATSU-do

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-04-07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ありえなさ過ぎる女にはまっていく男たち・・・。よしえ(浅香あき恵)が殺人事件の容疑者として逮捕されたところから物語は始まる。 事件は、20代、30代、40代の3人の男性が殺害されたというもの。 3人ともイケメンで、そこそこのお金持ち。 それぞれと関係があったよしえに容疑がかかるが、決定的な証拠は一切ない。 世間やマスコミは、よしえが3人を殺したと疑っている。が、よしえの証言は真逆! 3人のイケメンはよしえに惚れ込み、4角関係のもつれにより、1人の男が2人を殺害後、 自分も命を絶った。まさに、よしえの「魅力」が起こした悲劇、だという。

関西で放映された「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送)から飛び出した異色のサスペンス映画。吉本新喜劇で絶大な人気を誇る浅香あき恵が、イケメンを次々とたぶらかして事件を起こしてしまうという謎の女を怪演。不幸な結末を迎えるイケメン3人には、仁科克基、武田裕光、松井勇歩(劇団Patch)。よしえの弁護士役を光宗薫が演じる。

監督:北村誠之、出演:浅香あき恵,光宗薫,仁科克基