アシュラ('12)

'70年代に有害図書として発禁問題を引き起こしたコミックをアニメ映画化

アシュラ('12)

アシュラ('12)

2012年 日本 75分

配給:

東映

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://asura-movie.com

公開日:2012-09-29

2012年9月29日(土)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

15世紀中期、相次ぐ洪水、かんばつ、飢饉で荒野と化した京都。それに追い打ちをかけるように始まった日本史上最大の内戦・応仁の乱。その死者数・行方不明者はあまりに膨大で、歴史のページには刻むこともできなかった。こんな時代に産み落とされたアシュラは、ケダモノとしてサバイバルを続けながら生き抜いていく。そんな時一人の少女・若狭の優しさと愛、そして法師の教えに触れ、アシュラは次第に人間性を備えていく。言葉を覚え、笑い、喜ぶ日々。しかしそれは苦しみと悲しみの始まりでもあった。やがて天災と貧困が起こり、人間性を失っていく人々。ついには若狭さえも…。果たしてアシュラの運命は?

1970年少年マガジン(講談社)にて連載され、有害図書として発禁問題を引き起こした鬼才・ジョージ秋山作「アシュラ」を映画化。荒廃した中世、京都の農村を舞台に、生まれてすぐに親に捨てられた主人公が、本能のままにケダモノとして生き、やがて少女との出会いから人間性を取り戻すが…。声優には、野沢雅子、北大路欣也、林原めぐみ、玄田哲章、平田広明、水島裕をはじめ錚々たるメンバーが集結。監督は、人気アニメ「TIGER & BUNNY」など日本アニメ界のヒットメーカー・さとうけいいち。

監督:さとうけいいち、出演:野沢雅子,林原めぐみ,玄田哲章