8月の家族たち

メリル・ストリープ&ジュリア・ロバーツ共演で傑作舞台劇を映画化

8月の家族たち

8月の家族たち

AUGUST: OSAGE COUNTY 2013年 アメリカ

配給:

アスミック・エース

ジャンル:

ドラマ

公開日:2014-04-18

2014年4月18日(金)TOHO シネマズ シャンテ ほか 全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

オクラホマの片田舎。父親の突然の失踪をきっかけに、実家へ久しぶりに集まった三姉妹とその家族。毒舌家の母親ヴァイオレットは、病を患い薬に頼る毎日。長女バーバラは、浮気した夫と別居中で反抗期の娘に手を焼いている。次女カレンはこんな時に新しい婚約者を連れてきて、三女アイヴィーは誰にも打ち明けられない恋に胸をときめかせている。自分勝手な母親と、既に自らの人生を歩んでいる娘たち。そして、彼女たちを取り巻く四人の男…。それぞれの本音は隠し切れず、ありえない“秘密”の数々が明かされる。なぜ父は消えたのか?この“家”はどこに向かおうとしているのか?どこにでもいるはずだった家族の、普通じゃないひと夏が幕を開けた―――。

ピュリッツァー賞とトニー賞を受賞した現代アメリカ演劇の金字塔、トレイシー・レッツによる傑作戯曲を映画化。突然夫が失踪し、三人の娘たちやその家族と再会を果たす主人公バイオレットをメリル・ストリープ。夫の浮気と娘の反抗期に悩みながらも、自分勝手な母親に立ち向かい自らを見つめ直していく長女バーバラをジュリア・ロバーツが演じる。この二大女優に加え、ユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチ、クリス・クーパー、サム・シェパード、ジュリエット・ルイス、アビゲイル・ブレスリンなど、豪華実力派キャストが脇を固め、製作にジョージ・クルーニー率いるアカデミー賞受賞作『アルゴ』の製作陣が名を連ねる。

監督:ジョン・ウェルズ、出演:メリル・ストリープ,ジュリア・ロバーツ,ユアン・マクレガー