天国でまた会おう

戦争で死にかけた二人が企てた大胆な詐欺と、その裏に秘められた感動の物語

天国でまた会おう

天国でまた会おう

AU REVOIR LÀ-HAUT / SEE YOU UP THERE 2017年 フランス

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tengoku-movie.com/

公開日:2019-03-01

2019年3月1日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1918年、休戦目前の西部戦線。生き埋めにされたアルベールを救ったエドゥアールは、その時に顔に重傷を負ってしまう。パリに戻った二人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。仕事も恋人も失ったアルベールと、生還を家族にひた隠しにするエドゥアール。そこに、声を失ったエドゥアールの想いを“通訳”する少女が加わった。一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てる。だが、そこには隠された本当の目的があった──。

「その女アレックス」で知られる作家ピエール・ルメートルの傑作小説が、自身初となる映画脚本により映画化。戦場で死にかけ、その後深い友情で結ばれていく年の離れた二人を演じるのは、『BPM ビート・パー・ミニット』のナウエル・ペレーズ・ビスカヤートと、監督・主演を兼ねるアルベール・デュポンテル。それぞれ画才に恵まれながら戦争で顔に重傷を負った御曹司のエドゥアールと、戦争で職も恋人も失った小心者のアルベールを演じる。二人の宿敵でもある上官のプラデル中尉には、『エル ELLE』での怪演も記憶に新しいロラン・ラフィット。エドゥアールの画家になりたいという夢を認めない頑固な父親マルセルを、『真夜中のピアニスト』『サラの鍵』の名優ニエル・アレストリュプが演じる。2018年のセザール賞で13部門ノミネート、5部門受賞した。

監督:アルベール・デュポンテル、出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート,アルベール・デュポンテル,ロラン・ラフィット

予告編・特報