あぜみちジャンピン!

聾学校に通う女子中学生がダンスを通して成長していく姿を描いた青春ドラマ

あぜみちジャンピン!

あぜみちジャンピン!

2009年 日本 85分

監督:

西川文恵

配給:

ヴォストーク

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://www.aze-michi.com/

公開日:2011-07-23

2011年7月23日(土)より、ポレポレ東中野にて、夏休み公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

耳が聴こえないというハンディキャップを持つ中学生の少女・優紀(大場)はある日、学校の帰り道で、練習中のダンスチーム・Jumping girlsと出会い、そこでキャプテンの麗奈(普天間)に誘われ、メンバーに加わり夏のダンス大会を目指すことになった。優紀は麗奈と言葉を交わせないながらも良きライバルとなり、また練習を通してメンバーの聴者の少女たちとの交流も深めていく。しかし一方では少しずつ聾学校のクラスメイトとの距離が拡がっていった。そうした中、大会を目前に麗奈が足を怪我し大会に出られなくなった。代わりに選ばれたのは新人の優紀、メンバーから不満が出ると一気にチームの仲が崩れ始めた。果たして優紀は無事に大会に出場し、チームは結束を取り戻せるのか!?

聾学校に通う耳の不自由な女子中学生が、聴者の少女たちのストリートダンスチームに参加し、仲間との友情やぶつかり合いを通して、自らのハンディキャップと向き合いながら成長していく過程を描いた感動作。耳に障害を持つ難しいヒロインを演じたのは当時15歳だった大場はるか。母親役には『愛のむきだし』『ヘヴンズストーリー』の渡辺真起子。そのほかダンスのチームメイトに普天間みさき、梅本静香、上杉まゆみなどフレッシュな顔ぶれが揃う。メガホンを取ったのはロンドンで映像制作を学び、これが初の長編監督作となる西川文恵。

監督:西川文恵、出演:大場はるか,普天間みさき,梅本静香